- Advertisement -

Tag: アウトドア

カービングナイフ自作の方法② シース編【モーラブレードNo.120】

先日、アウトドア用にモーラナイフのNo.1のブレードを使用して、プーッコナイフを自作しました。ハンドル材は紫檀を使用して製作し、かなりお気に入りの一本になりました。 そして前回のうまく作ることができたので、次の一振りということでカービング用の刃長が短めのナイフを製作しようと考えて準備してきましたので、今回2本目のシース製作を紹介したいと思います。

カービングナイフ自作の方法① ハンドル編【モーラブレードNo.120】

先日、アウトドア用にモーラナイフのNo.1のブレードを使用して、プーッコナイフを自作しました。ハンドル材は紫檀を使用して製作し、かなりお気に入りの一本になりました。 そして前回のうまく作ることができたので、次の一振りということでカービング用の刃長が短めのナイフを製作しようと考えて準備してきましたので、今回2本目の製作を紹介したいと思います。

ホームセンター等での薪の価格相場と使用量目安

薪は冬のキャンプの焚き火では必須のアイテムですが、1束が3〜4時間程度のため、一晩キャンプを行うことを考えると2〜3束程度必要となります。 最近ではキャンプ人気からホームセンターでも薪を通年で販売されるようになってきたので、ホームセンターやジモティなどで販売される薪の種類と価格の相場について調査してみました。

【コスパ良好】ニトリ ダッチオーブン レビュー 〜シーズニング・調理〜

去年の秋口ぐらいにニトリで24cmのダッチオーブンが売っているのを見かけて、ダッチオーブン欲しかったし、19cmが1,500円くらい、24cmが2,500円くらいと他のダッチオーブンに比べてかなり割安で購入することができます。 今回は放置していたニトリのダッチオーブンをこの年末年始でやっと使いましたので、使用感をレビューしていきたいと思います。

プーッコナイフ自作の方法② シース編【モーラブレード】

アウトドア用に木工などができるちょっとしたナイフが欲しかったのですが、ケラム ウルヴァリンは1万越えで高いですし、モーラナイフ コンパニオンはあまりデザインが気に入らないため、なかなか購入するに至りませんでした。 そこでもう自分の気に入るナイフを作ろうと決め、使ったお金は3,000円程度で2日かけてシース含めて製作しました。今回はシース製作までを紹介したいと思います。

プーッコナイフ自作の方法① ハンドル編【モーラブレード】

アウトドア用に木工などができるちょっとしたナイフが欲しかったのですが、ケラム ウルヴァリンは1万越えで高いですし、モーラナイフ コンパニオンはあまりデザインが気に入らないため、なかなか購入するに至りませんでした。 そこでもう自分の気に入るナイフを作ろうと決め、使ったお金は3,000円程度で2日かけてシース含めて制作しました。今回はハンドル制作までを紹介したいと思います。

LOGOS(ロゴス)薪ばさみ レビュー 〜カシメ修理とハンドルカバー作成〜

ロゴスの薪ばさみはテオゴニアの薪ばさみに比べて耐久性の面で劣っており、よくカシメのリベット部分が緩み、先端の噛み合わせが悪くなることで有名です。

キャンプ用 手斧の黒錆加工の方法

先日、購入したアストロプロダクツの手斧 AX947ですが、レザーシースやネックガードを付けて、刃もしっかりと研いでかなり使える手斧になりました。 ただし、刃先の部分は防錆のコーティングがされていないため、キャンプなどで使いやすいように黒錆加工をしましたので、やり方について紹介したいと思います。
- Advertisement -

Most Popular