- Advertisement -

CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV 広さ・使用感レビュー

今回はこの夏に向けて購入したキャプテンスタッグの「CSクラシックス」のワンポールテントの比較とワンポールテント「CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV」について、サイズや使用感、設営イメージについて紹介したいと思います。

CSクラシックス ワンポールテント

キャプテンスタッグのCSクラシックスのワンポールテントは4種類の展開があります。次の表に詳細をまとめています。

商品名
CSクラシックス ワンポールテント ティピー ヘキサゴン 300UVCSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UVCSクラシックス ワンポールテント DXオクタゴン 400UVCSクラシックス ワンポールテント DXオクタゴン 460UV
製品サイズフライ(幕体)300×250×H180cm460×460×H300cm400×400×H250cm460×460×H300cm
インナー300×250×H180cm450×420×H300cm400×400×H250cm460×460×H300cm
収納サイズ65×15×15cm74×23×23cm74×32×32cm77×35×35cm
重量3.2kg11.5kg15kg17kg
材質フライ(幕体)ポリエステルリップ
ストップ210T
(PU2,000mm)
ポリエステルリップ
ストップ210T
(PU2,000mm)
ポリエステルリップ
ストップ210T
(PU2,000mm)
ポリエステルリップ
ストップ210T
(PU2,000mm)
幕体メッシュポリエステル
ノーシームメッシュ
ポリエステル
ノーシームメッシュ
幕体フロアポリエステル
OXF210D
(PU3,000mm)
ポリエステル
OXF210D
(PU3,000mm)
インナーウォールポリエステル185T
(通気性撥水加工)
ポリエステル
(通気性撥水加工)
ポリエステル
(通気性撥水加工)
インナーメッシュポリエステル
ノーシームメッシュ
ポリエステル
ノーシームメッシュ
ポリエステル
ノーシームメッシュ
ポリエステル
ノーシームメッシュ
フロアポリエステルOXF150D
(PU3,000mm)
ポリエステルOXF210D
( PU3,000mm)
ポリエステルOXF150D
(PU2,000mm)
ポリエステルOXF150D
(PU2,000mm)
ポールアルミニウム合金
(表面加工=アルマイト)
φ19mm
スチール(紛体塗装)スチール(粉体塗装)スチール(粉体塗装)
付属品アルミペグ13本
ガイドロープ6本
ポール用収納袋1枚
ペグ用収納袋1枚
キャリーバッグ1枚
ひさし用ポール2本
ガイドロープ(長)8本
ガイドロープ(短)2本
アルミペグ18本
ハンマー1本
ポール用収納袋1枚
ペグ用収納袋1枚
キャリーバッグ1枚
ガイドロープYタイプ8本
ガイドロープYタイプ(短)4本
アルミペグ32本
ハンマー1本
ポール用収納袋1枚
ペグ用収納袋1枚
キャリーバッグ1枚
ガイドロープYタイプ8本
ガイドロープYタイプ(短)4本
アルミペグ32本
ハンマー1本
ポール用収納袋1枚
ペグ用収納袋1枚
キャリーバッグ1枚
価格¥12,828¥27,417¥56,600¥77,670

各種類について簡単に説明すると3~4人向けの小型のティピーテント7~8人向けの安価なワンポールテント、そしてサイドの裾が立ち上がっており、端まで使え、入り口も上まで屋根があり、濡れにくい5~6と7~8人向けの豪華なワンポールテントになります。

どれもアルミペグとハンマー、ガイドロープや収納袋などが揃っており、そのまま設営をすることができるようになっています。DODなどではひさし用のポールが付属していませんが、キャプテンスタッグでは標準で付属するようになっています。

CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV

私はこの中の7~8人向けの安価なワンポールテント オクタゴン460UVを購入しました。家族4人で使用する際に8人用のため、中でもゆったり遊べて、ゆったりと寝ることができるということが選んだ理由となります。

そしてそのような理由で購入した結果、実際使用してみたメリットとデメリットを以下に記載します。

メリット

  • エアーベット 100cm * 200cmを2台入れても余裕のある室内
  • ワンポールテントのため、大きくても簡単に設営・撤収可能で強風にも強い
  • 2面に入口があるため、開けておくと割と涼しい(メッシュ有り)

デメリット

  • 460cm * 420cmの面積が設営に必要で、サイトを選ぶ必要がある
    (フリーサイトなどでは4人用までなどの縛りがあり設営できない)
  • 裾がないため、冬場は使用が難しい
  • 前室がないため、靴などを入れておくスペースがない
    (室内に靴置きを作る必要がある)

簡単にまとめると思った通り大きく、設営もしやすかったが、使えるキャンプ場やサイトが限られるのが問題というところです。

大体の区画サイトなどでは問題なく使えますが、サイトの広さが狭いとうまく設営しないとタープが張れないなどの問題が発生します。今回撮影したサイトは100㎡程度の広さがあったので、設営が楽でした。

テント自体はしまうと収納袋に74×23×23cmのサイズで収納することができます。重量は11.5kgあるので、基本的にオートキャンプ向きとなります。

CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV 収納時

付属ペグ・ペグハンマーの使いやすさ

YOGOTO ペグハンマーでのY字ペグ抜き

アルミのY字ペグは20cm以上の長さがあるので、テントのペグとしては十分な耐久性や抜けにくさがあります。一方で、ペグハンマーは簡易のものなので、打ちにくく、正式なものを購入することをお勧めします。

私はペグハンマーについては以下の2つをテントとは別で購入しました。

タラスブルバのペグハンマーはステンレス製で、持ち手の形状や色味が好みだったので、選択しました。

しかしながら、楽天ポイントで購入するためにラクマで未使用品を買ったのですが、沖縄からの配送でコロナにて飛行機の便数が減り、船便に切り替わったため、キャンプに間にあいませんでした。

そこで急遽YOGOTOのペグハンマーを購入し、使用しましたが今のところ打ち心地も良好で、ペグを抜く作業もやり易く、おすすめのハンマーだと思います。

【YOGOTO】 ペグハンマー 安全 ベルト付 収納ケース付
色 ‎ヘッド スチール 電池付属または内蔵 ‎いいえ 梱包サイズ ‎31.8 x 12.8 x 6.7 cm; 700 g
(タラスブルバ) TARAS BOULBA TBハンマー
素材 ‎■ヘッド/ステンレス鋼。ハンドル/天然木 性別対象 ‎メンズ レディース 製品サイズ ‎3.5 x 13 x 34 cm; 666 g

ワンポールテント設営方法

今回つくばねオートキャンプ場のオートサイトにて設営をしました。100㎡程度の広さがあり、8人用ワンポールテントにタープを張っても余裕があるサイズとなります。

グランドシート

テントの設営の際に気を付ける点としては、地面に石などがある場合に傷がつき、そこから浸水しやすくなるので、ガードのためにもグランドシートを購入することをお勧めします。

先程のAmazonのリンクからだとセットで購入できます。私もそのセットを購入しました。純正のものだと入口の向きに赤い紐がついているので、設営時にわかりやすくなっています。

写真撮影のためにペグ打ちしてますが、グランドシートだけの時はまだペグ打ち不要です。

CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV用グランドシート

インナーテント設営

CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV 設営1

インナーテントは2箇所にメッシュ生地の出入り口があります。グランドシートに合わせて入口の1つを赤い目印の箇所に合わせて設営します。

インナーテントの角についているロープをグランドシートの各角の穴に通して、ペグ打ちしていきます。各角8箇所ペグ打ちします。

CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV 設営2

アウターテント設営

CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV 設営1.5

さらに上にアウターテントを入口部分と中心部分を合わせて設営します。

メインポール設置

続いて中心部分にメインポールを差し込んでテントを立てていきます。中の次の写真のように当て布がある箇所にポールを差し込んで、持ち上げていきます。

CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV 設営3

差し込んで立てる時に事前にポールの受けをつけていると外れてしまうので、中心位置に受けを置いておいてメインポールを差し込むようにするとスムーズに立てられます。

CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV 設営4

メインポールを立てると次の写真のようになります。ここからスカート、ガイロープをペグダウンしていきます。

CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV 設営1.8

スカート・ガイロープのペグダウン

まずはスカートのロープをインナーテントを止めたペグに止めていきます。そして強風対策のガイロープをペグ打ちしていきます。

CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV 設営5

スカートとインナーテントのペグは標準のアルミY字ペグを使用しましたが、ガイロープには負荷が掛かるので、28cmの鍛造ペグを使用しています。

タープのメインポールだと40cmくらいが必要ですが、テントのガイロープであれば、30cm程度あれば問題ないです。(砂地などは除きます。)

私はエリッゼステークの鍛造ペグが好みなのでこちらを使用していますが、ソリッドステークもお勧めです。

エリッゼ(ELLISSE)鍛造ペグ エリッゼステーク 28cm カチオン電着塗装 8本セット
製品型番 ‎MK-280K 色 ‎ブラック サイズ ‎28cm 素材 ‎S55C 電池付属または内蔵 ‎いいえ 梱包サイズ ‎33 x 11.5 x 2.2 cm; 1.52 Kg

テント設営完了

タープ連結アダプター取り付け5

タープまで設営が終わるとこんな感じになります。タープ連結アダプターを使用してタープを設営しているので、テントに繋がった形でタープを張っています。

タープ連結アダプターの製作方法は以下の記事で紹介しているので、合わせてチェックください。

テント内部

テントの内部は大人2名、子供2名で使用しましたが、十分な広さがあります。

今回は1m✖️2mのエアーベッド2台とハンモックを室内に設置しましたが、それでも荷物スペースや机のスペースなどが確保できるので、家族でゆったり使用することができました。

また入口が2方向にあるので、両方を開けると風通しも良好です。

CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV 内部

まとめ

今回はキャプテンスタッグのCSクラシックスのテントの比較とオクタゴン460UVの設営の紹介をしました。

8人向けの大型のテントですが、実際は4人くらいで使うとゆったりと使用できるので、大変お勧めです。またワンポールのため、設営がかなり楽で1人でも設営できますし、2人いるとものすごく楽です。

皆さんも広いテントでキャンプ場でゆったりと過ごしてみてください。

- Advertisement -
UMilCLhttps://umilcl.com
兼業ブロガー。大手製造業の企画・設計・プロジェクト管理で8年、受配電・電動機・システムの保全部門の課長1年目。 得意分野: プロセス制御と統計、機械学習、画像処理、システム技術 保有資格: プロジェクトマネージャー、情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、応用情報処理、第一種衛生管理者

Similar Articles

Comments

返事を書く

コメントを入力してください!
ここに名前を入力してください

- Advertisement -

Follow US

1ファンいいね
13フォロワーフォロー
633フォロワーフォロー
4,019フォロワーフォロー
0SubscribersSubscribe

Archive

Most Popular