基本的に「出世は無駄」かどうか

こんにちは、UMilCLです。

私は上場企業の製造業で働いているのですが、マナブさんの以下記事を読んで共感する部分も多かったので、記事としてまとめました。

基本的に「出世は無駄」だと思う話【あなたが雑魚でも、大丈夫です】

今までの私

これまで私は以下の人生を歩んできました。

  1. 6年一貫の進学校
  2. 国立大学
  3. 新卒で大手製造業

自分で小学校の頃から何をやりたいか、やりたくないかは自分で選択して生きてきました。親の寛容さや金銭的支えもありましたが、例えば公立の友人が皆進学する中学ではなく、私立の6年一貫の学校にする選択肢も、大学も、会社も自分の考えで選択してきました。

マナブさんの以下の記事でも重要だと記載されていますが、「自分で決断すると、逃げれない」「小さな挫折と挑戦を繰り返す」ということを実践して生きてきました。この積み重ねは自分の中の大きな支えになっているのは確かだと思います。

今からでも遅くありません。自分で決めて取り組むことを積み重ねてください。ここにさらに周りに宣言すると自分をさらに追い込んで、辞めれなくなります。

でも人にやらされていない、自分で決めたことだからやってしまうんです。
【体験談】人生での「挫折経験」を話します【5つある/辛かったです】

大手企業で出世すれば給料は増える

成長する姿

入社と同時に妻と結婚して、会社の業績もよく、上司にも評価され順風満帆の人生をこの7年程度歩んできました。

マナブさんの記事では「出世しても、給料は増えない」と書かれていますが、大手企業では一応年功序列で給与は増えていきます。なので私は家族のため、可能な限り給料の最大化のため、会社での出世の方向に能力を投資していました。

なぜなら、大手企業で総合職で出世して役職付きになっていくと給料はどんどん増えていきます。新卒から2~5倍にはなります。しかし、上の役職に付かないと逆に給料は上がらず、会社に最後まで残るか、最終的には子会社に行くかのどちらかになります。

「会社にいても、成長できない」わけではない

マナブさんの「悲報:会社にいても、成長できない」はある側面ではものすごく正しい意見です。日本企業はOJTや研修、外部講習を行い、教育している風に見えますが、実際はあまり成長にはつながりません。

日本の大学と同じで、ただ〇〇大学を卒業したというラベルが手に入るだけで、実際の実力はそれほどついていません。

じゃあ私やそれ以上に優秀な人たちは何をしているか、自分で勉強するしかないんです。「会社にいても、成長できない」ではなく、「会社で教えられたことしか得られていないから成長できない」のだと私は思います。

基本的に自分の能力を上げるためには、何かしらの勉強しかありません。研修でも、独学でもなんでもいいですが、自分が学びたいと思わなければ成長はありません。

そしてその先で得られる利益が会社より副業が大きそうであれば、副業のための勉強をすることをおすすめします。

私は会社の方が利益を得られると考えて、以下のスキルを持っています。

  • プログラミング・画像処理・統計スキル
  • プロジェクトマネジメントスキル
  • ネットワーク・セキュリティ関連スキル
  • 衛生管理スキル

そしてこれらのスキルで会社生活で稼いできましたが、私にとって「会社はスキルの実践の場」でした。

つまり、私にとっての利用はスキルの実践やその結果の利益の取得の場であり、会社は重要な場所でした。私は自身の能力を上げるために、会社をしっかり活用していたわけですね。

会社は「利用」したらいい by マナブさん

これは絶対的に正しいと思います。私は「人生は自分と家族のためのもの」と考えて生きています。私が会社で働く目的は「私と家族の幸福」です。

つまり会社や副業などは手段であって、目的ではありません。会社も我々を利用して利益を得ています。じゃあ我々も会社でもなんでも利用したらいいんです。

結論:出世は無駄ではない

私としては出世は無駄ではないと考えています。自身が出世で得られるメリット(金銭、職位、やれる範囲など)を自身の投資に対して効果的かどうかという話なだけです。

マナブさんは入った会社が自身に合わない、給料も上がらないため、お金をより貰える独学でのweb発信という方法をとられ、大成功されました。

私は会社で出世した方が効率的と考えて、会社での出世を望みました。

毎年、新しい自分に会おう

新しい自分

マナブさんの「毎年、新しい景色をみよう」と同じことです。

今の世の中、残業規制も厳しく、色々な会社が残業を大幅に削ってきています。超ハードワークをしなくても、評価はして貰える時代になってきています。

余った時間を何に使うかが大切です。家族サービス、旅行、スキルを磨くための勉強何でも構いません。何かを自分で考え、実行することで来年は新しい自分になっています。

今の世の中は多様で、自由です。特に日本は本当に自由に好きなことができます。こうやって私も新しい自分に会えるようにチャレンジしています。

皆さんも小さなことでもいいので、何か行動をしてみましょう。

UMilCLhttps://umilcl.com
兼業ブロガー。メインは大手製造業システム企画・設計・プロジェクト管理。工場のプロセス制御が主な業務。 得意分野: プロセス制御と統計、機械学習、画像処理、システム技術 保有資格: プロジェクトマネージャー、情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、応用情報処理、第一種衛生管理者

Similar Articles

Comments

返事を書く

コメントを入力してください!
ここに名前を入力してください

Follow US

1ファンいいね
3フォロワーフォロー
89フォロワーフォロー
4,126フォロワーフォロー
0SubscribersSubscribe

Archive

Most Popular

Synology DS420j DS420+ DS920+の比較・レビュー

Synologyのエントリーモデルの4ドライブベイであるDS420jとDS420+、DS920+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。DS420はエントリークラス、DS420+、DS920+はフラッグシップモデルとなりますが、どのような違いがあるか調査しました。

OPPO Reno3 AとOPPO Reno Aを比較・レビュー

OPPOから「Reno A」の後継機種である「Reno3 A」が発売されました。OPPO Reno Aは日本で必要なFelicaや防水機能を持っており、かなりユーザーにマッチした機種であり、かなり売れておりましたが後継機種である「OPPO Reno3 A」はさらにレベルアップしているかチェックしたいと思います。

Synology DS220+と他DS+シリーズ3種の比較・レビュー

SynologyのDS220+、DS420+、DS720+、DS920+の2ベイと4ベイのDS+シリーズが4機種の後継機が5月20日に発売されました。DS+シリーズ4種のスペックについて比較していますので、購入時の参考にしてみてください。

Synology DS220j DS220+の比較・レビュー

SynologyのエントリーモデルのDS220jとDS220+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。 DS220はエントリークラス、DS220+はフラッグシップモデルとなりますが、違いはどこにあるか調査しました。

【コロナ影響】情報処理安全確保支援士のレポート講習について

新型コロナウイルスの影響により情報処理安全確保支援士の集合研修が、今年更新の一部期間の方のみレポート講習になりました。私も2020年10月の更新対象となり、レポート講習となりましたので皆さんにどのようなものだったかを紹介したいと思います。