Category: IT関連

【Windows】VS CodeでのPython開発環境構築方法

Windows環境でPythonを開発する統合開発環境としてはVisual Studio Code以外にもPyCharmやPyScripter、Atomがありますが、今回は私が良く使用しているVisula Studio Codeでの開発環境構築方法について紹介したいと思います。

【FW】時間が経つと通信・セッションが切れる場合の対処法

最近ではセキュリティの観点からFW(ファイアウォール)やUTM(統合脅威管理)の設置を行う会社が増えてきているかと思います。ただ、FWやUTMがどのようなものか知らずに導入してしまうとアクセス制御やステートフル・インスペクション等の機能により、通信・セッションが繋がらない、切れるなどの問題が発生します。

【2020年版】壊れにくいHDDメーカーは?

クラウドストレージサービスを運営するBackblaze社が運営しているサーバで使用しているHDDの故障率データをまとめたレポートを毎年公開しています。今年も2013年〜2020年第1四半期(1~3月)までの故障率のデータが公開されました。 今回はBackblaze社のレポートを参考にまだまだデータストレージ用途で需要のあるHDDについての説明と壊れにくいおすすめのメーカーを紹介したいと思います。

キャプチャからエンコードまで!多機能なWonderFox HD Video Converter Factory Pro レビュー

一つのソフトで兼ね備えた多機能動画変換ソフトが「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」になります。 今回はこのソフトの機能を簡単に紹介したいと思います。

Macユーザ必須のおすすめショートカットキー一覧

MacはWindowsと異なり、ほとんどの操作をキーボードだけで操作することがやりやすいUIとなっています。マウスなしでほとんどキーボード操作のみで使用するために必須のショートカットキーを紹介します。

【簡単データ移行】EaseUS Todo PCTransの使い方

今回はWindows7,8からWindows10、またWindows10からWindows10に移行する際に設定やアプリケーションを移行してくれるEaseUS Todo PCTransについて紹介します。

【Windows 10】「システムで予約済み」の移動方法

Window 10で2つ以上のHDDやSSDでOSをインストールした場合、「システムで予約済み」の領域がディスク1に設定されてしまい、データ保存用のHDDやSSDを交換する場合等にそのディスクにシステムで予約済みが存在することで、OSの再インストールを行うことが必要になる場合があります。そこで今回は「システムで予約済み」の領域を別のディスクに移動する方法について説明したいと思います。

WindowsでのSNMP拡張・CPU、メモリ等の取得

Windows環境でSNMPを利用して、Windows OSの機器のCPU、メモリ、ハードディスクの監視を行う場合、CPUについてはWindowsの標準のSNMPサービスにて取得可能となるが、メモリ、ハードディスクについては追加のソフトウェアの導入が必要となる。 今回は一般的にWindows環境でSNMPのMIBを拡張するSNMP InformantとHinemosの監視環境でのMIB拡張のためのHinemosエージェントについて紹介する。

デュアルチャネルの方法・メリットとメモリ容量目安

パソコンを自作したり、購入したりする場合にメモリの選定や容量に迷うことがあるかと思います。今回はメモリのデュアルチャネルの方法やメリットとメモリ容量目安について紹介したいと思います。

AMD Ryzen 3000シリーズ導入作業まとめ

私が大学生の時に自作したメインのPCが9年目に突入し、突然死の前に更新したいと思いまして、IntelからAMD Ryzen 3000シリーズのRyzen 5 3500とASRock B450 Steel Legendの構成で更新したので、CPUの取り付けからAMD純正のチップセットドライバインストール、さらにAMD謹製のオーバークロックツールである「Ryzen Master」のインストールまで紹介したいと思います。

Follow us

1ファンいいね
9フォロワーフォロー
633フォロワーフォロー
4,208フォロワーフォロー
0SubscribersSubscribe

Archive

Most Popular

Synology DS220j DS220+の比較・レビュー

SynologyのエントリーモデルのDS220jとDS220+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。 DS220はエントリークラス、DS220+はフラッグシップモデルとなりますが、違いはどこにあるか調査しました。

Synology DS220j レビュー【エントリーモデル後継機】

SynologyのエントリーモデルのDS218jの後継機が発売されたので、改善点と問題点をまとめています。 簡単にまとめると大変コスパのよいエントリーモデルのNASを踏襲した機能向上が行われており、上位機種とのスペックを要求する機能の差別化はそのままです。

Synology DS220+と他DS+シリーズ3種の比較・レビュー

SynologyのDS220+、DS420+、DS720+、DS920+の2ベイと4ベイのDS+シリーズが4機種の後継機が5月20日に発売されました。DS+シリーズ4種のスペックについて比較していますので、購入時の参考にしてみてください。

Windows10のHyper-V環境へのCentOS 8のインストール方法

この投稿では検索にてHyper-V環境へのCentOS8インストールを見に来てくれた方がいたので、CentOS7だけでなく、Windows 10上のHyper-V環境へのCentOS 8.1のインストール方法についても今回投稿します。

Synology DS420j DS420+ DS920+の比較・レビュー

Synologyのエントリーモデルの4ドライブベイであるDS420jとDS420+、DS920+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。DS420はエントリークラス、DS420+、DS920+はフラッグシップモデルとなりますが、どのような違いがあるか調査しました。