ワークマン レザーグローブ(WG-800)のキャンプ用耐熱グローブとしての使用レビュー

Amazonなどで購入できる耐熱レザーグローブは視認性向上のためかオレンジ色が多く、また安いものだと手首部分にマジックテープを使っていたり、耐熱性能が低いようなレビューがあり、購入するのを躊躇していました。

ワークマンで売ってないかなーとググると、ワークマンのワークグローブ(WG-800)が耐熱性能が高く、ワークマン品質で安いのに縫製精度が高いなど高評価だったので、購入して私も使ってみました。

ワークマン ワークグローブ(WG-800)

ワークマンのワークグローブ WG-800は正式名称を「牛床革オイル内縫い内綿付き手袋」といいます。795円で牛床革で内綿付きのワークグローブが買えるということで早速購入しました。

サイズ展開はM・Lと2つあります。私の手は身長180cmあるため、結構大きめなのでLサイズでぴったりでした。

ワークマン ワークグローブ WG-800 外観

スペック

製品名牛床革オイル内縫い内綿付き手袋 1双
型番WG-800
メーカーワークマン
カラーブラウン
サイズM・L
素材外側:牛床革
内側:綿
価格795円
備考指先立体仕上げで、指先を湾曲に仕上げることで、使い始めからにぎりやすい。

メリット

ワークマンのワークグローブ WG-800のメリットは以下の内容です。

  • 価格が795円と激安!
  • 立体裁断で使い心地がいい
  • 牛床革と内綿で耐熱性能が高い

価格が795円と激安!

まず価格についてはAmazonの耐熱グローブの価格帯が800円〜ありますが、評価の高い耐熱グローブは1,000円〜のため、ワークマンの信頼感とデザイン、性能を考えるとかなりコスパが良い製品かと思います。

立体裁断で使い心地がいい

指まわりなど立体裁断となっており、最初から牛床革の分厚い革でも握りやすくなっています。

また耐久性についても考慮がされており、最も負荷がかかる親指の付け根部分はパッチが当てられています。さらに縫い目は全て内縫となっており、使用中に縫い目が当たらず使いやすく、ほつれにくくなっています。

ワークマン ワークグローブ WG-800 表
ワークマン ワークグローブ WG-800 裏

牛床革と内綿で耐熱性能が高い

革は牛床革を使っています。牛床革はスエードのような肌触りで、オイル加工がされているためしっとりとした肌触りとなっています。

牛床革は一般的に一瞬の高温に対する耐熱性として、溶接用火花(約250℃)は耐用可能ですが、80℃以上になると「皮の硬化・縮み」が発生してきます。

下の画像のように炭を直接触るとその部分が若干黒ずみますが、ぶわつい牛床革と内綿のおかげで少し触っているだけであれば中までは熱くなりません。

焚火やキャンプなど使い道としては以下のようなものがあります。

  • 炭や薪の焚火への投入
  • アルミホイル巻きなどをした肉、芋などを掴む
  • ダッチオーブンを掴む
  • バトニングなどワークグローブとしての使用
ワークマン ワークグローブ WG-800 耐熱性能
ワークマン ワークグローブ WG-800 内綿

まとめ

ワークマンのワークグローブ WG-800はワークグローブとして売られていますが、耐熱グローブとして売られているレザーグローブと同じ牛床革の素材で内綿もあり、耐熱グローブとして使用できます。

普通に売られている耐熱グローブより縫製が内縫になっており、使用時の使い心地も良く、かなりおすすめです。焚火やキャンプなどでヘビーユースし、795円という値段なのでもしひどく汚れたら買い替えするのもありな商品かと思います。

ワークマンには安価で性能のいい商品が多いので、正しい使い方以外でも色々使い道があります。皆さんもワークマンを有効活用してみてください。

- Advertisement -
UMilCLhttps://umilcl.com
兼業ブロガー。メインは大手製造業システム企画・設計・プロジェクト管理。工場のプロセス制御が主な業務。 得意分野: プロセス制御と統計、機械学習、画像処理、システム技術 保有資格: プロジェクトマネージャー、情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、応用情報処理、第一種衛生管理者

Similar Articles

Comments

返事を書く

コメントを入力してください!
ここに名前を入力してください

Follow US

1ファンいいね
8フォロワーフォロー
352フォロワーフォロー
4,164フォロワーフォロー
0SubscribersSubscribe

Archive

Most Popular

Synology DS220j DS220+の比較・レビュー

SynologyのエントリーモデルのDS220jとDS220+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。 DS220はエントリークラス、DS220+はフラッグシップモデルとなりますが、違いはどこにあるか調査しました。

Synology DS220j レビュー【エントリーモデル後継機】

SynologyのエントリーモデルのDS218jの後継機が発売されたので、改善点と問題点をまとめています。 簡単にまとめると大変コスパのよいエントリーモデルのNASを踏襲した機能向上が行われており、上位機種とのスペックを要求する機能の差別化はそのままです。

Synology DS220+と他DS+シリーズ3種の比較・レビュー

SynologyのDS220+、DS420+、DS720+、DS920+の2ベイと4ベイのDS+シリーズが4機種の後継機が5月20日に発売されました。DS+シリーズ4種のスペックについて比較していますので、購入時の参考にしてみてください。

Windows10のHyper-V環境へのCentOS 8のインストール方法

この投稿では検索にてHyper-V環境へのCentOS8インストールを見に来てくれた方がいたので、CentOS7だけでなく、Windows 10上のHyper-V環境へのCentOS 8.1のインストール方法についても今回投稿します。

Synology DS420j DS420+ DS920+の比較・レビュー

Synologyのエントリーモデルの4ドライブベイであるDS420jとDS420+、DS920+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。DS420はエントリークラス、DS420+、DS920+はフラッグシップモデルとなりますが、どのような違いがあるか調査しました。