ハイガー スピンバイクの素足用ペダルへの交換

HAIGEのスピンバイク HG-YX-5006Sをフィットネス用に購入して使っていたのですが、ペダルの金属部分が痛くてスリッパなどを履かないと使えませんでした。そこで素足でも使用できるタイプのペダルに交換し、快適なサイクルライフを遅れるようにしたので、紹介したいと思います。

HAIGE スピンバイク フィットネスバイク 静音 家庭用 HG-YX-5006S
★正規品(1年保証)は【HAIGE(ハイガー)】が販売いたしております。メーカー保証のない転売品、悪質な類似品にご注意ください。 モデル名:HG-YX-5006S 推奨身長:155cm~180cm サドル高さ調整:7段階 サドル位置調整:前後に50mm ハンドル高さ調整:6段階 フライホイール重量:10kg テンション方式:摩擦調整式 耐荷重:100kg 本体サイズ(W×D×H):1150-1180×480×990-1105mm 梱包サイズ(W×D×H):1025×225×845mm 梱包重量:32.7kg

現在のペダルの状況

HAIGEのスピンバイクのペダルはこんな感じで金属部分がガッツリ足にダメージを与える仕様になっています。何も履かずに使用すると痛くて漕ぐこともままなりません。

ただフィットネスしたい際にルームシューズやスリッパを履くのは少し面倒で、もっと使いやすいペダルに変えたいなーとずっと思っていましたが、行動していませんでした。

HAIGE スピンバイク ペダル

フィットネスバイク用のペダル

最近、このブログなどでアマギフが溜まってきていたので、一念発起してペダルを購入することにしました。条件としては以下のようなペダルを探しました。

  • 素足で使用しても痛くない。
  • 足の接地範囲がそれなりに広い。
  • 9/16インチ (ネジ径 約14.3mm)に対応

上の1つ目は今回交換する理由なので言うまでもありません。2つ目は私以外に妻も使用するので、安全面を考えて広めなものが良いかなーという理由です。

3つ目は一般にペダルのボルトのネジ径は9/16インチ (ネジ径 約14.3mm)か、1/2インチ(ネジ径 約12.7mm)の2つになるのですが、HAIGEのスピンバイクは9/16インチ (ネジ径 約14.3mm)のため、このサイズに対応したものが必要です。

9/16インチ (ネジ径 約14.3mm)はロードバイクのビンディングペダルも同様のサイズのため、本気でシューズを履いて鍛えたい場合にも交換可能な仕様となっています。本当はビンディングペダルに交換することも初めは考えていたのですが、妻も使ってくれているので使いやすいペダルにしました。

今回購入したのは以下のCoiTekのエアロバイク用ペダルになります。

エアロバイク ペダル 互換 スピンバイク フィットネスバイク ベルト4本付き 左右 ペア セット CoiTek
【仕様】ペダル幅 10 * 長さ 11 * 高さ 2cm   重量:約342g*1個  ラバーベルト4本付き  ネジ径:約14.3mm 【ベルト調整可能】ベルトはしなやかにフィットし、お好きに調節可能で、足にフィット感抜群。 【使用便利】表面に波型の滑り止めがついていて、激しい運動でも滑りにくい、履き心地良い。ペダルも良くできて足を乗せる面は、重りが効いていて常に上を向いています。 【ラバーベルト4本付き】柔らかいゴム製だから、素足で何のストレスもなく楽にトレーニングできます。 【多用途】エアロバイク、フィットネスバイク、スピンバイクペダル互換用に最適。

素足で使用できて、ペダル面積の広い商品は他にもいくつか似た商品がありました。ただし、一部の商品は若干安いですが、ペダルの軸が折れたなどのレビューがついていたりしたので、レビューがそれなりに良好で安価なこちらの商品にしました。

またこちらの商品は切れやすいペダルと足を固定するためのゴムは片足*2本の合計4本ついています。

CoiTekのエアロバイク用ペダル

届いたペダルをモンキーレンチを使って取り外します。ペダル毎に左右で開け閉めする向きが逆になっているので、間違って閉めないように注意してペダルを取り外します。

今後は新しいペダルを先ほど開けた方向と逆に回して閉めます。取付後の姿が下の画像のようになります。ネジ径は問題なく9/16インチで合っていてぴったりでした。

また上部が大きいのでペダル部分が下に向いたりするのではと思っていたのですが、ちゃんと重心を下のパーツに持ってきており、回転させてもペダル部分が常時上に向いてくれます。

普段ビンディングペダルなどを使っているとそんな優しい機能はないので、この機能は地味に嬉しいですね。大体つける時にペダルの向きが下に向いていたりして、回してはめる仕様です。まあビンディングペダルを重くしたらダメなので、この機能は付けられないのでしょう。

CoiTekのエアロバイク用ペダルに交換

早速付けたペダルでスピンバイクを回してみると今までのペダルと違い接地面積が大きく、また足を止めるゴムがあるためか、若干ビンディングシューズを履いてペダル回している感覚に近い感じを受けます。引き足も少し使えるのはいいですね。

妻にも使ってもらいましたが、とても好評で妻に「なんで最初からこのペダルじゃないの?」と言われました。ハイガー産業さん、ビンディングペダルモデルとエアロバイクペダルモデルの2種類のペダルを選べるようによろしくお願いします。

まとめ

HAIGEのスピンバイクのペダルを素足で使えるようにエアロバイク用のペダルに交換しました。9/16インチのペダルであればHAIGEのスピンバイクは合うので、ビンディングペダルやエアロバイク用のペダルに交換して、皆さんもサイクルライフを楽しんでみてください。

- Advertisement -
UMilCLhttps://umilcl.com
兼業ブロガー。メインは大手製造業システム企画・設計・プロジェクト管理。工場のプロセス制御が主な業務。 得意分野: プロセス制御と統計、機械学習、画像処理、システム技術 保有資格: プロジェクトマネージャー、情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、応用情報処理、第一種衛生管理者

Similar Articles

Comments

返事を書く

コメントを入力してください!
ここに名前を入力してください

Follow US

1ファンいいね
8フォロワーフォロー
352フォロワーフォロー
4,164フォロワーフォロー
0SubscribersSubscribe

Archive

Most Popular

Synology DS220j DS220+の比較・レビュー

SynologyのエントリーモデルのDS220jとDS220+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。 DS220はエントリークラス、DS220+はフラッグシップモデルとなりますが、違いはどこにあるか調査しました。

Synology DS220j レビュー【エントリーモデル後継機】

SynologyのエントリーモデルのDS218jの後継機が発売されたので、改善点と問題点をまとめています。 簡単にまとめると大変コスパのよいエントリーモデルのNASを踏襲した機能向上が行われており、上位機種とのスペックを要求する機能の差別化はそのままです。

Synology DS220+と他DS+シリーズ3種の比較・レビュー

SynologyのDS220+、DS420+、DS720+、DS920+の2ベイと4ベイのDS+シリーズが4機種の後継機が5月20日に発売されました。DS+シリーズ4種のスペックについて比較していますので、購入時の参考にしてみてください。

Windows10のHyper-V環境へのCentOS 8のインストール方法

この投稿では検索にてHyper-V環境へのCentOS8インストールを見に来てくれた方がいたので、CentOS7だけでなく、Windows 10上のHyper-V環境へのCentOS 8.1のインストール方法についても今回投稿します。

Synology DS420j DS420+ DS920+の比較・レビュー

Synologyのエントリーモデルの4ドライブベイであるDS420jとDS420+、DS920+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。DS420はエントリークラス、DS420+、DS920+はフラッグシップモデルとなりますが、どのような違いがあるか調査しました。