Xperia 1 Ⅱ・1・5のSIMフリー版 比較・レビュー

SONYから「Xperia」のSIMフリー版である「Xperia 1 II(XQ-AT42)」「Xperia 1(J9110)」「Xperia 5(J9260)」の3機種が発売されます。すでにドコモ・ソフトバンク・AUで取り扱われていたモデルであり、主な機能は同等ですが、搭載されるメモリー(RAM)やストレージ(ROM)が異なることがあり、また3機種いずれもデュアルSIMをサポートしています。

Xperia 1以外はFelicaに対応しており、また3機種ともIP68程度の防水機能を持っています。価格は6万から上位機種は12万程度しますが、ソニーならではのゲームエンハンサーやPS4リモートプレイなどの機能を備えており、ゲーマーにはうれしい機種となっています。

さっそくそれぞれの性能を見ていきたいと思います。

Xperia 1 Ⅱ・1・5のスペック

「Xperia 1 II(XQ-AT42)」「Xperia 1(J9110)」「Xperia 5(J9260)」の3機種のスペックを比較していきます。

製品情報
端末名Xperia 5Xperia 1Xperia 1 II
型番/別名J9260J9110XQ-AT42
発売年2020年8月28日2020年8月28日2020年10月30日
発売地域日本:SIMフリー日本:SIMフリー日本:SIMフリー
メーカーSONYSONYSONY
言語日本語対応日本語対応日本語対応
Googleサービス対応Googleサービス対応Googleサービス対応
対応バンド・ネットワーク
GSM850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz
3G1/2/4/5/6/8/191/2/4/5/6/8/191/5/6/8/19
4G1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/
19/20/25/26/28/29/32/
34/38/39/40/41/46/66
1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/
19/20/25/26/28/29/32/
34/38/39/40/41/46/66
1/3/4/5/7/8/12/13/17/18/
19/21/26/28/38/39/40/41/42
5G非対応非対応n77/n78/n79
(ソフトウェアアップデートにて対応)
ドコモ対応状況対応Band :1/3/19/28
プラチナBandに対応
非対応Band:21/42
対応Band :1/3/19/28
プラチナBandに対応
非対応Band:21/42
対応Band :1/3/19/21/28/42
プラチナBandに対応
非対応Band:なし
ソフトバンク・ワイモバイル対応状況対応Band :1/3/8/28/41
プラチナBandに対応
非対応Band:11/42
対応Band :1/3/8/28/41
プラチナBandに対応
非対応Band:11/42
対応Band :1/3/8/28/41/42
プラチナBandに対応
非対応Band:11
au対応状況対応Band :1/26(18)/28/41
プラチナBandに対応
非対応Band:11/42
対応Band :1/26(18)/28/41
プラチナBandに対応
非対応Band:11/42
対応Band :1/18/26/28/41/42
プラチナBandに対応
非対応Band:11
SIMサイズ・スロットNano SIM×2Nano SIM×2Nano SIM×2
ネットワーク関連備考2回線同時待ち受け対応2回線同時待ち受け対応2回線同時待ち受け対応
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetoothver.5.1ver.5.1ver.5.1
本体仕様
ディスプレイ6.1インチ/有機EL6.5インチ/有機EL6.5インチ/有機EL
解像度2,520×1080/FHD+/画面比率21:93,840×1644/4K+/画面比率21:93,840×1644/4K+/画面比率21:9
画素密度449 ppi/高精細643 ppi/超高精細643 ppi/超高精細
サイズH:158mm * W:68mm * D:8.2mmH:167mm * W:72mm * D:8.2mmH:166mm * W:72mm * D:7.9mm
重さ164g178g181g
本体色ブラック系/グレー系/ブルー系/レッド系ブラック系/パープル系ブラック系/ホワイト系/パープル系
システム仕様
OSAndroid 9Android 9Android 10
CPUQualcomm Snapdragon 855Qualcomm Snapdragon 855Qualcomm Snapdragon 865
GPUAdreno 640Adreno 640Adreno 650
ベンチマークAnTuTu:総合スコア約368000点
GPUスコア約123000点
AnTuTu:総合スコア約442000点
GPUスコア約173000点
AnTuTu:総合スコア約568000点
GPUスコア約220000点
メモリ/保存容量メモリ6GB+容量128GBメモリ6GB+容量128GBメモリ12GB+容量256GB
ストレージカードmicroSD/microSDHC/microSDXC対応/最大512GBmicroSD/microSDHC/microSDXC対応/最大512GBmicroSD/microSDHC/microSDXC対応/最大1TB
カメラ
メインカメラ52㎜(望遠):有効画素数約1220万画素/F値2.4
26㎜(標準):有効画素数約1220万画素/F値1.6
16㎜(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.4
26㎜(標準):有効画素数 約1220万画素/F値1.6
52㎜(望遠):有効画素数 約1220万画素/F値2.4
16㎜(超広角):有効画素数 約1220万画素/F値2.4
16㎜(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.2
70㎜(望遠):有効画素数約1220万画素/F値2.4
24㎜(標準):有効画素数約1220万画素/F値1.7
3D iToFセンサー
フロントカメラ有効画素数約800万画素/F値2.0有効画素数約800万画素/F値2.0有効画素数約800万画素/F値2.0
機能仕様・センサー
GPS非公表非公表非公表
生体認証指紋認証(側面)指紋認証(側面)指紋認証(側面)
防水/防塵IP68IP68IP68
イヤホンジャックなしなしあり
ネットワーク機能Felica・NFC対応NFC対応Felica・NFC対応
ワンセグ・フルセグ非対応非対応非対応
バッテリー
バッテリー容量3140mAh3330mAh4000mAh
充電ワイヤレス充電:非対応ワイヤレス充電:非対応有線充電:急速充電対応
ワイヤレス充電:対応
ポートUSB Type-CUSB Type-CUSB Type-C
その他PS4リモートプレイ機能搭載
ゲームモード搭載(ゲームエンハンサー)
3.5㎜イヤホン変換ケーブル(EC260)付属
PS4リモートプレイ機能搭載
3.5㎜イヤホン変換ケーブル(EC260)付属
PS4リモートプレイ機能搭載
ゲームモード搭載(ゲームエンハンサー)
価格69,000円79,000円124,000円

Xperia 5(J9260)

Xperia 5 SIMフリー版
出典:SONY公式サイトより

「Xperia 5(J9260)」は、8月28日発売で、価格は6万9000円予定となっています。今回の3機種の中では一番小型の機種となります。

カラーバリエーションは4色と多いですが、解像度はFHD+と他の4K画質に比べると落ちますが、Xperiaの特徴である21:9のシネマワイドディスプレイの画面比率は同じとなっています。

カメラ機能はすべて1220万画素のトリプルカメラで望遠、超広角も撮像可能となっています。

元々のキャリアモデルではシングルSIMでしたが、デュアルSIMの2回線同時待ち受け対応となっています。またおサイフケータイ(Felica)や防水機能にも対応しており、使いやすい機種となっています。

ゲーム用のゲームエンハンサーやPS4リモートプレイにも対応しており、ゲームを楽しむ人にもおすすめです。ただし、バッテリー容量が3140mAhと少し少ないため、がっつりゲームをしたい場合はモバイルバッテリーも併せて購入することをおすすめします。

ゲームエンハンサーとは?

ゲームに集中するためのメッセージなどの通知オフやゲーム安定のためのメモリの解放の設定、SNSに共有するための高速スクリーンショットやゲームプレイの録画機能、大画面での攻略法の検索などが含まれています。

  • ボイスチェンジャー
  • オーディオミキサー
  • 電話の通知オフ
  • カメラキーの無効化
  • 高速連写のスクリーンショット
  • 検索ウィンドウのサイズ変更 など

Xperia 1(J9110)

Xperia 1 SIMフリー版
出典:SONY公式サイトより

「Xperia 1(J9110)」は、8月28日発売で、価格は7万9000円予定となっています。「Xperia 1 II(XQ-AT42)」とほぼ同サイズで、「Xperia 5(J9260)」に対しては数mm大きくなっています。

カラーバリエーションは2色でブラック系/パープル系のみとなっています。解像度は4K+の高解像度であり、21:9のシネマワイドディスプレイとなっています。

カメラ機能は「Xperia 5(J9260)」の機能に加えて瞳AF、10fpsでのAF/AE追従高速連写をサポートしています。

元々のキャリアモデルではシングルSIMでしたが、デュアルSIMの2回線同時待ち受け対応となっています。また防水機能にも対応しており、使いやすい機種となっています。

ただし、この機種は3機種で唯一おサイフケータイ(Felica)非対応となっているため、SuicaやQuick Payなどの非接触型の電子マネーサービスを使用したい場合は選択から外れるかと思います。

ゲーム用のゲームエンハンサーには対応していませんが、PS4リモートプレイには対応しています。ただし、こちらの機種もバッテリー容量が3330mAhと少し少なめです。

Xperia 1 II(XQ-AT42)

Xperia 1 Ⅱ SIMフリー版
出典:SONY公式サイトより

「Xperia 5(J9260)」は、10月30日発売で、価格は12万4000円予定となっています。

カラーバリエーションはブラック系/ホワイト系/パープル系の3色となっており、解像度は「Xperia 1(J9110)」と同じ4K画質となっています。Xperiaの特徴である21:9のシネマワイドディスプレイの画面比率であり、複数のアプリを同時に使用しやすい縦長の画面となっています。

カメラ機能は瞳AF、最高20コマ/秒でのAF/AE追従高速連写をサポートしており、カールツァイス監修のレンズを採用したすべて1220万画素のトリプルカメラで望遠、超広角も撮像可能となっています。

元々のキャリアモデルではシングルSIMでしたが、デュアルSIMの2回線同時待ち受け対応となっています。またおサイフケータイ(Felica)や防水機能にも対応しており、使いやすい機種となっています。

ゲーム用のゲームエンハンサーやPS4リモートプレイにも対応しており、ゲームを楽しむ人にもおすすめです。ただし、バッテリー容量も他の2機種より増加した4000mAhとなっています。

ゲームエンハンサー機能についても以下の3機能が追加されており、よりゲームを快適にプレイ可能となっています。

  • 競技シーンに最適なコンペティションセット
  • ディスプレイのタッチエリアの設定
  • HSパワーコントロール

通信機能についてもモバイルネットワークでは5G通信に対応を予定しており、ソフトウェアアップデートにて5Gに対応します。またWifiについても11axの次世代Wifi6の規格に対応しており、アクセスポイントを11axに対応したものにすることでより高速に安定して通信することが可能となっています。

まとめ

SONYのSIMフリーモデルである「Xperia 1 II(XQ-AT42)」「Xperia 1(J9110)」「Xperia 5(J9260)」の3機種について発売前に詳細比較してみました。

全体としてはSIMフリーモデルではありますが、日本のSONYが出したということもあり、おサイフケータイ(Felica)や防水機能など海外の安価なモデルではなかなかついていない機能が標準でついています。ただし、ワンセグ・フルセグなどのテレビ機能は削除されています。

価格帯も機能を絞ったXperia 5とXperia 1は6~7万円台と安価になっており、5G、Wifi6に対応し、カメラ性能の高いXperia 1 Ⅱは12万円と2倍近い価格帯となっています。

Anker PowerCore 10000
10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー
Anker PowerCore Essential 20000
モバイルバッテリー 超大容量 20000mAh
Archer AX11000
TP-Link WiFi 無線LAN ルーター WiFi6 11AX トライバンド 4804 + 4804 + 1148Mbps 3年保証
- Advertisement -
UMilCLhttps://umilcl.com
兼業ブロガー。メインは大手製造業システム企画・設計・プロジェクト管理。工場のプロセス制御が主な業務。 得意分野: プロセス制御と統計、機械学習、画像処理、システム技術 保有資格: プロジェクトマネージャー、情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、応用情報処理、第一種衛生管理者

Similar Articles

Comments

返事を書く

コメントを入力してください!
ここに名前を入力してください

Follow US

1ファンいいね
8フォロワーフォロー
352フォロワーフォロー
4,162フォロワーフォロー
0SubscribersSubscribe

Archive

Most Popular

Synology DS220j DS220+の比較・レビュー

SynologyのエントリーモデルのDS220jとDS220+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。 DS220はエントリークラス、DS220+はフラッグシップモデルとなりますが、違いはどこにあるか調査しました。

Synology DS220j レビュー【エントリーモデル後継機】

SynologyのエントリーモデルのDS218jの後継機が発売されたので、改善点と問題点をまとめています。 簡単にまとめると大変コスパのよいエントリーモデルのNASを踏襲した機能向上が行われており、上位機種とのスペックを要求する機能の差別化はそのままです。

Synology DS220+と他DS+シリーズ3種の比較・レビュー

SynologyのDS220+、DS420+、DS720+、DS920+の2ベイと4ベイのDS+シリーズが4機種の後継機が5月20日に発売されました。DS+シリーズ4種のスペックについて比較していますので、購入時の参考にしてみてください。

Windows10のHyper-V環境へのCentOS 8のインストール方法

この投稿では検索にてHyper-V環境へのCentOS8インストールを見に来てくれた方がいたので、CentOS7だけでなく、Windows 10上のHyper-V環境へのCentOS 8.1のインストール方法についても今回投稿します。

Synology DS420j DS420+ DS920+の比較・レビュー

Synologyのエントリーモデルの4ドライブベイであるDS420jとDS420+、DS920+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。DS420はエントリークラス、DS420+、DS920+はフラッグシップモデルとなりますが、どのような違いがあるか調査しました。