Synology DS420j DS420+ DS920+の比較・レビュー

Synologyのエントリーモデルの4ドライブベイであるDS420jとDS420+、DS920+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。DS420はエントリークラス、DS420+、DS920+はフラッグシップモデルとなりますが、どのような違いがあるか調査しました。

以下は過去のDS420+、DS920+発売時のDS+シリーズ内での比較記事となります。

Synology Diskstationの各グレード

Synology NASは7つの異なるクラスのシリーズを展開しています。各クラスは、購入者の予算や必要スペックに合わせて最適なNASを選択できるように設定されています。

NASの型番は3桁で、一番上の位がドライブベイ数、下二桁が西暦の下二桁となります。ドライブベイ数は拡張ベイ込みの数字となっており、「DS920+」は4ベイ+拡張5ベイで合計9ベイ扱いとなり、「9」となります。

グレードとしては安価な物(低スペック)から高価な物(高スペック)までJ、VALUE、PLAY、PLUS、XS+/XS、DS、FSと並んでいます。エンタープライズ向け3機種(XS+/XS、DS、FS)を除くと、PLUSは最上位のフラッグシップ機となり、様々な機能が詰め込まれた製品シリーズとなります。

今回はこのJシリーズの中で大容量に対応した4ベイモデルとPlusシリーズの4ベイモデルを比較しています。

DS420j VS DS420+ VS DS920+

スペック

Jと+シリーズでの違いとしては主に以下の内容になります。

  • CPUの性能とメモリ容量
  • ファイルシステムの対応
  • ホットスワップ
  • SSD対応
  • NIC数
  • 共同作業ツール最大ユーザー数
  • サーバー機能、iOS/Androidアプリ対応
  • ユーザー、グループ数
  • IPカメラ最大接続数

この中で一番NASとして影響が大きいのはCPU、メモリ性能になります。DS420jはRealtek RTD1296の4コア、1.4GHzでメモリは1GBですが、DS420+のCeleron J4025は2コア、2.0GHzのメモリ2GBとなります。

NASで同時に様々な処理を行う場合はメモリは最低1GB程度欲しいので、DS220jのメモリ512MBと異なり、必要なスペックは満たしていると言えます。しかし、DS420jはエントリークラスのため、メモリ拡張不可であり、さらに並列処理や重い処理、例えばサーバ機能やMomentsのAIでの画像分類などを使用する場合は少しスペック不足を感じます。

DS420+はCPU性能だけでなく、メモリも2GBあり、サーバー機能、iOS/Androidアプリ対応でもほぼフルで使用できます。ただ追加で8,000円出すと、DS920+に手が届きます。

DS920+はCeleron J4125は4コアとCeleron J4025は2コアの1.5倍程度の能力差があり、またメモリも4GB搭載しています。そのため、並列処理や拡張性でDS420+よりDS920+の方がかなり優位です。DS420+を買える予算があるならDS920+に手を出してもいいのではないかと思います。

型番DS420jDS420+DS920+
メーカーSynology
価格37,400円58,900円66,900円
発売日2020年3月13日2020年5月17日
CPURealtek RTD1296
1.4GHz Quad-Core
Intel Celeron J4025
2.0GHz Dual-Core
Intel Celeron J4125
2.0GHz Quad-Core
メモリ1 GB DDR42GB DDR44GB DDR4
最大メモリ1 GB6GB8GB
ドライブ ベイ4
ファイルシステムEXT4Btrfs / EXT4
対応RAIDHybrid RAID / Basic / JBOD / 0 / 1 / 5 / 6 / 10
互換性のあるドライブ タイプx 3.5" または 2.5" SATA HDD/SSD
ホットスワップ-対応
SSDキャッシュ-対応
ハードウェア暗号化ありあり (AES-NI)
read性能-226225.99
write性能-225.74225.9
read性能(暗号化)-226225.99
write性能(暗号化)-224.47225.91
NIC1(1GbE)2(1GbE)
外部ポートUSB 3.0 ポート x 2USB 3.0 ポート x 2
eSATA ポート x 1
システムファン80mm x 292mm x 2
ノイズレベル20.6 dB(A)19.8 dB(A)19.8 dB(A)
消費電力21.71 W28.30 W32.17 W
幅 x 高さ x 奥行き[mm]168 x 230 x 184199 x 223 x 166199 x 223 x 166
重さ2.21 kg2.18 kg2.24 kg
ネットワーク プロトコルSMB、AFP、NFS、FTP、WebDAV、CalDAV、iSCSI、Telnet、SSH、SNMP、VPN(PPTP、OpenVPN、L2TP)SMB、AFP、NFS、FTP、WebDAV、CalDAV、iSCSI、Telnet、SSH、SNMP、VPN(PPTP、OpenVPN、L2TP)
セキュリティファイアウォール、共有フォルダ暗号化、SMB 暗号化、FTP over SSL/TLS, SFTP、rsync over SSH、ログイン自動ブロック、Let's Encrypt サポート、HTTPS (カスタマイズ可能な Cipher Suite)
仮想化-VMware vSphere 6.5、Microsoft Hyper-V、Citrix、OpenStack
マルチメディアMoments、Video Station、Photo Station、Audio Station、iTunes Server
オールインワンサーバーVPN Server、Mail Server 、Mail Station、Web Station、その他のパッケージSynology Directory Server、Central Management System、VPN Server、Mail Server 、Mail Station、SMTP サーバー、Web Station、その他のパッケージ
iOS/Android アプリケーションSynology Drive、DS audio、DS photo、DS video、DS cam、DS le、DS nder、DS note、MomentsSynology Drive、Synology MailPlus、Synology Chat、Synology LiveCam、Moments、DS audio、DS photo、DS video、DS cam、DS le、DS nder、DS note
共同作業ツール最大ユーザー数Chat:10
Office:200
Chat:1,500
Office:3,400
iSCSIターゲット10128
iSCSI LUN10256
ユーザー数10242048
グループ数256256
並列接続数100500
共有フォルダ256512512
スナップショット-1,0241,024
IPカメラ(無償)2
IPカメラ(最大)162540
備考

アプリ

アプリとしてはスペックにも記載していますが、Synology純正のアプリとサードパーティ製のアプリが提供されています。大体どちらでも使えるものがよく使用されるアプリとなっており、以下のようなものがあります。

Synology製

Synology製のアプリで主なものは、Synology NASをCloudのように活用できる「File Station」、「Photo Station」、「Video Station」、「Moments」等があり、またメディア関係は「メディアサーバー」、「iTunes Server」などがあります。

また「VPNサーバー」や「プロキシサーバー」、「Webサーバー」などのアプリもあり、無料ドメインも提供されているため、自宅でサーバーを簡単に構築可能です。

Diskstation アプリリスト1

サードパーティー製

サードパーティー製ではDB関係や「WordPress」、開発用の「PHP」、「Ruby」、「Python」、「Git」等様々なアプリが提供されています。

Diskstation アプリリスト2

またVPNの機能については以下で紹介しています。

iOS/Androidアプリ

すべての機種で提供されている共通のアプリとDS420+、DS920+では提供されており、DS420jでは提供されないiOS/Androidアプリは以下となります。

共通アプリ

  • Synology Drive
  • Moments
  • DS audio
  • DS photo
  • DS video
  • DS cam
  • DS le
  • DS nder
  • DS note

DS420+、DS920+のみのアプリ

  • Synology MailPlus
  • Synology Chat
  • Synology LiveCam

ほとんどのアプリは共通で提供されていますが、ビジネスユースが考えられるメール、チャット、IPカメラのライブ視聴については上位機種のみの機能となっています。

MailPlusは強力な検索機能やメールの整理機能、タグ付け、アドレス帳やChat、カレンダーとの連携機能を持っています。

synology mailplus
出典:Synology HP MailPlus
synology mailplus android版
出典:Google Play MailPlus

Synology Chatはチャットアプリであり、会話を一か所で集約して管理することができます。メッセージをブックマークしてToDoリストのように課題を管理したり、ハッシュタグを用いてタグ付けし、プロジェクトを管理したりすることができます。

チャットはスレッド形式で案件毎にスレッド建てしてデータを一元管理することもできます。家庭で使うときは話題毎にスレッド建てすることも可能です。

synology chat

LiveCamはそのままIPカメラのライブ映像をリモートで閲覧可能なアプリとなります。

ハードウェア外観

外観はDS420+とDS920+のPlusシリーズはかなり似ていますが、DS420jのJシリーズはファンサイズやボタン配置等完全に別物となっています。

DS420jはDS220jやDS220+のように前面がパネルに覆われたタイプであり、一列にボタンが配置されるような作りになっています。ファンサイズが小さいため、幅も他のDS420+、DS920+と比べると30mmほど短くなっていますが、逆に奥行きが20mm程度長くなっています。

LANポートはDS420jは1ポート、DS420+、DS920+は2ポート用意されていますが、普通の方は1ポートあれば十分でしょう。

外部ポートとしてはDS420jとDS420+には拡張用のeSATAポートがありませんが、DS920+は4ドライブベイに追加して5ドライブベイを追加可能なeSATAポート×1が追加されています。

Synology DS420jの外観図
出典:Synology HP Synology DS420jの外観図
Synology DS420+の外観図
出典:Synology HP Synology DS420+の外観図
Synology DS920+の外観図
出典:Synology HP Synology DS920+の外観図

最後に

Synology DS420jは4ドライブベイのNASの入門機を求めている方にはおすすめのNASキットであると言えます。ただバリバリNASを使用したい、ホームサーバーとしても使いたいという方にはさらに上位機種であるDS920+をおすすめします。

同時に様々な機能を使用でき、遅延等をあまり感じずにストレスレスで使用することができます。また仮想化やサーバ機能をフルで使用することができ、自宅でVPNやWebサーバ、仮想サーバを立てて遊ぶなど、様々なことができます。

Synology DiskStation DS420j
こちらの商品にはHDDの付属はござません。別途HDDをご用意ください。 メーカー型番: DS420j CPU/メモリ: Realtek Quad-core 1.4GHz(64bit) 1GBメモリ HDDベイ: 4ベイ(SATA) 豊富な各種モバイル用アプリ 直感的で使いやすい専用OS Disk Station Manager 外部から簡単にNAS接続できるクイックコネクト機能 メーカー保証期間: 2年間
DiskStation DS420+
■対応ストレージ : 3.5/2.5インチ SATAドライブ×4、M.2 NVMe 2280 SSD×2(システムキャッシュ用) 対応RAIDレベル : Synology Hybrid RAID Basic JBOD RAID 015610 転送速度 : 読込 226MB/s以上、書込 225MB/s以上(Link Aggregation有効時)  CPU : 2.0GHz/最大2.9GHz デュアルコア(Intel Celeron J4025) メモリ : 2GB DDR4(最大6GBまで対応) インターフェース : USB 3.0×2  イーサネット : ギガビットイーサネット×2  冷却ファン : 92mmファン×2 対応IPカメラ数 : 最大25台(2台分の無料カメラライセンス付き) ネットワークプロトコル : CIFS AFP NFS FTP WebDAV CalDAV iSCSI Telnet SSH SNMP VPN 最大ユーザーアカウント数 : 2048 最大同時接続数(CIFSFTPAFP) : 500 消費電力 : 8.45W(アイドル)、28.30W(負荷時) 外形寸法 : 199(W)×166(H)×223(D) mm 本体重量 : (ドライブ除く) 2.18kg
DiskStation DS920+
・対応ストレージ : 3.5/2.5インチ SATAドライブ×4、M.2 NVMe 2280 SSD×2(システムキャッシュ用) ・対応RAIDレベル : Synology Hybrid RAID Basic JBOD RAID 015610 ・転送速度 : 読込 225MB/s以上、書込 225MB/s以上(Link Aggregation有効時) ・CPU : 2.0GHz/最大2.7GHz クアッドコア(Intel Celeron J4125) ・メモリ : 4GB DDR4(最大8GBまで対応) ・インターフェース : USB 3.0×2、eSATA×1 ・イーサネット : ギガビットイーサネット×2 ・冷却ファン : 92mmファン×1 ・対応IPカメラ数 : 最大40台(2台分の無料カメラライセンス付き) ・ネットワークプロトコル : CIFS AFP NFS FTP WebDAV CalDAV iSCSI Telnet SSH SNMP VPN ・最大ユーザーアカウント数 : 2048 ・最大同時接続数(CIFSFTPAFP) : 1000 ・消費電力 : 9.69W(アイドル)、32.17W(負荷時) ・外形寸法 : 199(W)×166(H)×223(D) mm ・本体重量 : (ドライブ除く) 2.24kg

DS220j、DS220+の比較を以下の記事をしていますので、こちらも併せてチェックしてみてください。

UMilCLhttps://umilcl.com
兼業ブロガー。メインは大手製造業システム企画・設計・プロジェクト管理。工場のプロセス制御が主な業務。 得意分野: プロセス制御と統計、機械学習、画像処理、システム技術 保有資格: プロジェクトマネージャー、情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、応用情報処理、第一種衛生管理者

Similar Articles

Comments

返事を書く

コメントを入力してください!
ここに名前を入力してください

Follow US

1ファンいいね
4フォロワーフォロー
89フォロワーフォロー
4,114フォロワーフォロー
0SubscribersSubscribe

Archive

Most Popular

Synology DS220j レビュー【エントリーモデル後継機】

SynologyのエントリーモデルのDS218jの後継機が発売されたので、改善点と問題点をまとめています。 簡単にまとめると大変コスパのよいエントリーモデルのNASを踏襲した機能向上が行われており、上位機種とのスペックを要求する機能の差別化はそのままです。

Synology DS220j DS220+の比較・レビュー

SynologyのエントリーモデルのDS220jとDS220+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。 DS220はエントリークラス、DS220+はフラッグシップモデルとなりますが、違いはどこにあるか調査しました。

Synology DS220+と他DS+シリーズ3種の比較・レビュー

SynologyのDS220+、DS420+、DS720+、DS920+の2ベイと4ベイのDS+シリーズが4機種の後継機が5月20日に発売されました。DS+シリーズ4種のスペックについて比較していますので、購入時の参考にしてみてください。

Windows10のHyper-V環境へのCentOS 8のインストール方法

この投稿では検索にてHyper-V環境へのCentOS8インストールを見に来てくれた方がいたので、CentOS7だけでなく、Windows 10上のHyper-V環境へのCentOS 8.1のインストール方法についても今回投稿します。

Synology DS420j DS420+ DS920+の比較・レビュー

Synologyのエントリーモデルの4ドライブベイであるDS420jとDS420+、DS920+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。DS420はエントリークラス、DS420+、DS920+はフラッグシップモデルとなりますが、どのような違いがあるか調査しました。