So-net Nuro光を解約する時の諸費用

先日、So-netのNURO光からSo-netのauひかりにネット回線の契約を変更しました。2年間入っていましたが月額料金の割引などがなくなり、メリットが少なくなったのでauひかりに切替を行いました。NURO光を辞める際にかかる諸費用などがわかりにくいためまとめました。

NURO光とは

「最大 2Gbps 」という通信速度はネットワークから顧客の宅内に設置する宅内終端装置へ提供する最大速度となるため、そこからNURO光が無料で提供している高性能な無線LAN兼ONU(IEEE802,11ac対応、最大速度が1.3Gbps)を使用することで、自宅内での高速な通信を楽しむことが可能となります。

またベースが2Gbpsであるため、多少回線速度が時間帯や接続数で落ちた場合でも、他の1Gbpsの回線に比べると平均的に高速な回線となります。2Gbpsなので高いと思うかもしれませんが割引を併用すると1Gbpsの回線より安価な価格であり、回線とプロバイダがセットで月額4,743円で使用可能となります。

特に現在はキャンペーン実施中のため、最初の1年間は980円、2年目から3年目は月額4,743円で使用し、さらに以下の紹介者割引を使うと5,000円のキャッシュバックも受け取ることができます。

NURO光
キャッシュバック5,000円上乗せ特典 | NURO 光
紹介キャンペーンで公式割引キャンペーンに紹介でさらに5,000円キャッシュバック上乗せを実施中

さらにNURO光は、回線サービスとプロバイダの両方ともSo-netにて運営されています。So-netはソニー系列の大手プロバイダなので、サポートも安心でおすすめです。

速度制限に関してもアップロードが一日30GBの制限のみとなっており、動画視聴などのダウンロードでの規制はなく、動画やショッピングなどサービスを存分に楽しむことが可能です。

大変おすすめな回線であり、私も2年間こちらの回線を使用していましたが、割引が切れてしまい、また契約更新月になったので、So-net内の別回線の契約がお得であったので、そちらに移行しました。

サービス提供エリア

北海道・関東・東海・関西・九州のエリア(一部エリアを除く)

NURO光 サービス提供エリア

So-net auひかりへの切替

So-netのNURO光からSo-netのauひかりへ回線切替を行うと、キャッシュバックが行われるキャンペーンが実施されていました。丁度2年契約が切れるタイミングであったこともあり、回線の契約を切替することにしました。

auひかりはフレッツ光と比べてまだまだ回線利用者数が少ないため、同じ1Gbpsの回線であっても余裕があり、平均的な速度は高い傾向があります。そのためフレッツ光よりはauひかりを選択することをおすすめします。

そしてauひかりはネット以外にも充実のサービスがあり、auスマートバリューの無料利用などauのユーザーであればかなりメリットがある内容となります。私はauユーザーではないのですが、全体的に他の回線よりはお得であったので、こちらにしました。

またネット回線についても「auひかり ホーム、マンションギガ・ミニギガ」なら、上り下り1Gbpsの高速インターネットで動画もショッピングも思う存分の楽しむことが出来ます。

さらに東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部においては「auひかり ホーム10ギガ」、「auひかり ホーム5ギガ」の提供を開始しており、コミュファ光と同様に(コミュファ光もKDDI系列)10Gbps、5Gbpsの高速インターネットを楽しむプランも提供されています。

NURO光と同様に速度制限に関してもアップロードが一日30GBの制限のみとなっており、動画視聴などのダウンロードでの規制はなく、動画やショッピングなどサービスを存分に楽しむことが可能です。

私はSo-netで「So-net 光 (auひかり)ホーム」月額基本料金割引を適用し、契約を切替しました。月2,200円程度の割引が3年間続くため、3年間の間は月額3,800円程度で使用することができます。

リンク:auひかり

NURO光からの切替に発生した解約諸費用

NURO光を抜ける際に発生した諸費用は意外と高くつきました。2年縛りの契約更新月の最初のあたりで切替申請をしましたが、まず切替のための工事までに1ヶ月以上必要であり、契約更新月を超えてしましました。そのため、契約解除料が9,500円(税抜)必要となりました。携帯と違って工事までの日数が必要なので注意がいります。

また工事費用の残債が3ヶ月残る予定だったのが、2ヶ月に減ってくれたので10,000円予定が6,667円で済みました。合計では10,000円で済んだものが、16,167円かかり何のために契約更新月に依頼したのか分からなくなるので、皆さんは1ヶ月以上前に切替依頼をして、工事日を契約更新月にしてください。

最後に

NURO光からauひかり回線への切替について紹介しました。失敗すると6,000円くらい余分にかかってしまうので、皆さんも注意して切替を行ってください。

またNURO光、auひかり共におすすめの回線なので、ネット回線を契約する際にはキャッシュバックキャンペーンを探して安く契約することをおすすめします。

UMilCLhttps://umilcl.com
兼業ブロガー。メインは大手製造業システム企画・設計・プロジェクト管理。工場のプロセス制御が主な業務。 得意分野: プロセス制御と統計、機械学習、画像処理、システム技術 保有資格: プロジェクトマネージャー、情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、応用情報処理、第一種衛生管理者

Similar Articles

Comments

返事を書く

コメントを入力してください!
ここに名前を入力してください

Follow US

1ファンいいね
6フォロワーフォロー
89フォロワーフォロー
4,209フォロワーフォロー
0SubscribersSubscribe

Archive

Most Popular

Synology DS220j DS220+の比較・レビュー

SynologyのエントリーモデルのDS220jとDS220+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。 DS220はエントリークラス、DS220+はフラッグシップモデルとなりますが、違いはどこにあるか調査しました。

Synology DS220j レビュー【エントリーモデル後継機】

SynologyのエントリーモデルのDS218jの後継機が発売されたので、改善点と問題点をまとめています。 簡単にまとめると大変コスパのよいエントリーモデルのNASを踏襲した機能向上が行われており、上位機種とのスペックを要求する機能の差別化はそのままです。

Synology DS220+と他DS+シリーズ3種の比較・レビュー

SynologyのDS220+、DS420+、DS720+、DS920+の2ベイと4ベイのDS+シリーズが4機種の後継機が5月20日に発売されました。DS+シリーズ4種のスペックについて比較していますので、購入時の参考にしてみてください。

Windows10のHyper-V環境へのCentOS 8のインストール方法

この投稿では検索にてHyper-V環境へのCentOS8インストールを見に来てくれた方がいたので、CentOS7だけでなく、Windows 10上のHyper-V環境へのCentOS 8.1のインストール方法についても今回投稿します。

Synology DS420j DS420+ DS920+の比較・レビュー

Synologyのエントリーモデルの4ドライブベイであるDS420jとDS420+、DS920+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。DS420はエントリークラス、DS420+、DS920+はフラッグシップモデルとなりますが、どのような違いがあるか調査しました。