Home ガジェット & 家電 ガジェット Synology DS220j DS220+の比較・レビュー

Synology DS220j DS220+の比較・レビュー

0

SynologyのエントリーモデルのDS220jとDS220+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。DS220はエントリークラス、DS220+はフラッグシップモデルとなりますが、違いはどこにあるか調査しました。

以下は過去のDS220j発売時のレビュー記事とDS220+発売時のDS+シリーズ内での比較記事となります。

Synology Diskstationの各グレード

Synology NASは7つの異なるクラスのシリーズを展開しています。各クラスは、購入者の予算や必要スペックに合わせて最適なNASを選択できるように設定されています。

NASの型番は3桁で、一番上の位がドライブベイ数、下二桁が西暦の下二桁となります。ドライブベイ数は拡張ベイ込みの数字となっており、「DS920+」は4ベイ+拡張5ベイで合計9ベイ扱いとなり、「9」となります。

グレードとしては安価な物(低スペック)から高価な物(高スペック)までJ、VALUE、PLAY、PLUS、XS+/XS、DS、FSと並んでいます。エンタープライズ向け3機種(XS+/XS、DS、FS)を除くと、PLUSは最上位のフラッグシップ機となり、様々な機能が詰め込まれた製品シリーズとなります。

今回はこのJシリーズの中で取り扱いやすい2ベイモデルとPlusシリーズの2ベイモデルを比較しています。

DS220j VS DS220+

スペック

Jと+シリーズでの違いとしては主に以下の内容になります。

  • CPUの性能とメモリ容量
  • ファイルシステムの対応
  • ホットスワップ
  • SSD対応
  • NIC数
  • 共同作業ツール最大ユーザー数
  • サーバー機能、iOS/Androidアプリ対応
  • ユーザー、グループ数
  • IPカメラ最大接続数

この中で一番NASとして影響が大きいのはCPU、メモリ性能になります。DS220jはRealtek RTD1296の4コア、1.4GHzでメモリは512MBですが、DS220+のCeleron J4025は2コア、2.0GHzのメモリ2GBとなります。

やはりNASで同時に様々な処理を行う場合はメモリは最低1GB程度欲しいですが、DS220jはエントリークラスのため、メモリ拡張不可であり、普通のNASとして使用する分には十分なスペックですが、サーバ機能やMomentsのAIでの画像分類などを使用する場合は少しスペック不足を感じます。

またサーバー機能、iOS/Androidアプリ対応でもDS220jでは使用できない機能があるため、フルで機能を使い来ないしたいという方はDS220+をおすすめします。

型番DS220jDS220+
メーカーSynologySynology
価格21,200円39,900円
発売日2020年3月13日2020年5月20日
CPURealtek RTD1296
1.4GHz Quad-Core
Intel Celeron J4025
2.0GHz Dual-Core
メモリ512MB DDR42GB DDR4
最大メモリ512MB6GB
ドライブ ベイ2
ファイルシステムEXT4Btrfs / EXT4
対応RAIDHybrid RAID / Basic / JBOD / 0 / 1
互換性のあるドライブ タイプx 3.5" または 2.5" SATA HDDx 3.5" または 2.5" SATA HDD/SSD
ホットスワップ-対応
SSDキャッシュ-
ハードウェア暗号化あり
read性能-225.98
write性能-192.21
read性能(暗号化)-225.99
write性能(暗号化)-195.2
NIC1(1GbE)2(1GbE)
外部ポートUSB 3.0 ポート x 2
システムファン92mm x 1
ノイズレベル18.2 dB(A)19.3 dB(A)
消費電力12.46 W14.96W
幅 x 高さ x 奥行き[mm]100 x 225.5 x 165108 x 232.2 x 165
重さ0.88 kg1.3kg
ネットワーク プロトコルSMB、AFP、NFS、FTP、WebDAV、CalDAV、iSCSI、Telnet、SSH、SNMP、VPN(PPTP、OpenVPN、L2TP)
セキュリティファイアウォール、共有フォルダ暗号化、SMB 暗号化、FTP over SSL/TLS, SFTP、rsync over SSH、ログイン自動ブロック、Let's Encrypt サポート、HTTPS (カスタマイズ可能な Cipher Suite)
仮想化-
マルチメディアMoments、Video Station、Photo Station、Audio Station、iTunes Server
オールインワンサーバーVPN Server、Mail Server 、Mail Station、Web Station、その他のパッケージSynology Directory Server、Central Management System、VPN Server、Mail Server 、Mail Station、SMTP サーバー、Web Station、その他のパッケージ
iOS/Android アプリケーションSynology Drive、DS audio、DS photo、DS video、DS cam、DS le、DS nder、DS note、MomentsSynology Drive、Synology MailPlus、Synology Chat、Synology LiveCam、Moments、DS audio、DS photo、DS video、DS cam、DS le、DS nder、DS note
共同作業ツール最大ユーザー数Chat:10
Office:200
Chat:600
Office:1,000
iSCSIターゲット10128
iSCSI LUN10256
ユーザー数10242048
グループ数256256
並列接続数100500
共有フォルダ256
スナップショット-1,024
IPカメラ(無償)2
IPカメラ(最大)1225
備考

アプリ

アプリとしてはスペックにも記載していますが、Synology純正のアプリとサードパーティ製のアプリが提供されています。大体どちらでも使えるものがよく使用されるアプリとなっており、以下のようなものがあります。

Synology製

Synology製のアプリで主なものは、Synology NASをCloudのように活用できる「File Station」、「Photo Station」、「Video Station」、「Moments」等があり、またメディア関係は「メディアサーバー」、「iTunes Server」などがあります。

また「VPNサーバー」や「プロキシサーバー」、「Webサーバー」などのアプリもあり、無料ドメインも提供されているため、自宅でサーバーを簡単に構築可能です。

サードパーティー製

サードパーティー製ではDB関係や「WordPress」、開発用の「PHP」、「Ruby」、「Python」、「Git」等様々なアプリが提供されています。

またVPNの機能については以下で紹介しています。

ハードウェア外観

外観は似ているようで、各ポートの位置などは異なっているため、パーツはあまり流用していないようです。DS220jでは背面に2か所USB3.0のポートがあるのですが、DS220+ではなぜか前面と背面に1ポートずつの仕様となっています。

あとはLANポートがDS220jは1ポート、DS220+は2ポート用意されていますが、普通の方は1ポートあれば十分でしょう。

出典:Synology HP Synology DS220jの外観図
出典:Synology HP Synology DS220+の外観図

最後に

Synology DS220jはNASの入門機を求めている方にはおすすめのNASキットであると言えます。ただバリバリNASを使用したい、ホームサーバーとしても使いたいという方にはさらに上位機種であるDS220+をおすすめします。

同時に様々な機能を使用でき、遅延等をあまり感じずにストレスレスで使用することができます。ただDS220+も仮想化機能などは不足しているため、仮想化を使用したい場合はDS420+などの機種を選定する必要があります。

【NASキット】Synology DiskStation DS220j [2ベイ / クアッドコアCPU搭載 / 512MBメモリ搭載]
こちらの商品にはHDDの付属はござません。別途HDDをご用意ください。 メーカー型番:DS220j CPU/メモリ:Realtek Quad-core 1.4GHz(64bit) 512MBメモリ HDDベイ:2ベイ(SATA) 直感的で使いやすい専用OS Disk Station Manager
DiskStation DS220+
・対応ストレージ : 3.5/2.5インチ SATAドライブ×2 ・対応RAIDレベル : Synology Hybrid RAID Basic JBOD RAID 01 ・転送速度 : 読込 225MB/s以上、書込 192MB/s以上(Link Aggregation有効時) ・CPU : 2.0GHz/最大2.9GHz デュアルコア(Intel Celeron J4025) ・メモリ : 2GB DDR4(最大6GBまで対応) ・インターフェース : USB 3.0×2 ・イーサネット : ギガビットイーサネット×2 ・冷却ファン : 92mmファン×1 ・対応IPカメラ数 : 最大25台(2台分の無料カメラライセンス付き) ・ネットワークプロトコル : CIFS AFP NFS FTP WebDAV CalDAV iSCSI Telnet SSH SNMP VPN ・最大ユーザーアカウント数 : 2048 ・最大同時接続数(CIFSFTPAFP) : 500 ・消費電力 : 4.41W(アイドル)、14.96W(負荷時) ・外形寸法 : 108(W)×165(H)×232.2(D) mm ・本体重量 : (ドライブ除く) 1.3Kg

SynologyはNASキットのため、HDDは別売となります。故障しにくいおすすめのHDDをこちらで紹介しています。

DS420+などのDS+シリーズ4機種の比較を以下の記事をしていますので、こちらも併せてチェックしてみてください。

NO COMMENTS

LEAVE A REPLY

コメントを入力してください!
ここに名前を入力してください