【メリットと注意事項】SwitchBot Hub MiniとAlexaでスマートホーム化

昨年、Alexa Echo Dot 第3世代をAmazon Music Unlimitedと合わせて購入すると219円で購入できるセールがAmazonであり、Alexaを購入していましたが、音楽と天気の情報を聞くくらいであまり使用していませんでした。

今回、SwitchBot Hub Miniを購入し、自宅の一部機器のスマートホーム化に取り組みましたので、スマートホーム化を行う上でのメリットと事前の注意事項についてまとめました。

メリット

  1. スケジュールやボイスコントロールで家電のOn、Offのコントロールができ、日々の電源操作から解放される。

注意事項

  1. テレビのリモコンのタイプ(私はLGのマジックリモコン+torneを使用のため、電源入り切りのみ)
  2. エアコンのリモコンのタイプ(無線タイプのため、使えなかった・・・)
  3. その他リモコンのタイプの確認

Switchbot Hub Miniとは?

AlexaやGoogle Homeなどのスマートスピーカーと連携して、音声で家電などを操作可能なスマートリモコンになります。

Switchbot Hub MiniとSwitchbot Hub Plusの2つの機器がありますが、デザインとLEDの光り方が異なるだけで他の機能は同じものとなっています。

MiniはPlusの廉価版ですが、機能が変わらないためかなりお買い得になっています。そのため他のスマートリモコン機器と比べてもかなり安価で購入することができるため、おすすめの商品となります。

以下は公式サイトリンクとSwitchbot Hub Miniの説明抜粋になります。

◎ワンタッチで家電を登録 プリセットリストがあり、「スマートラーニング」モードを通じてワンタッチでお手持ちのリモコンを追加できます。USB給電・コンパクトでどこでもお使えます。

◎リモコンを1つにまとめる エアコン・テレビ等赤外線リモコンを一つのハブミニにまとめてアプリから操作できます。大量のリモコンの整理に悩まずスマホ1つで一括管理ができるようになります。

◎ハブミニでスマートな暮らしへ ゲートウェイとして複数のSwitchBot製品と部屋中の家電をインターネットに接続してスマートホーム化を簡単に実現できます。このハブミニで日々暮らしをスマートになりましょう。

◎音声コントロール Amazonアレクサ、Googleアシスタント、Siriショートカットと連携して、話しかけるだけで家電とSwitchBotシリーズデバイスを操作できます。

◎省エネ対策としての最適なオプション エアコン・照明などの消し忘れがあっても、外出先からスマホでオフにできます。「行ってきます~」のシーンを作成すれば、出かける時に家電を一気に消すことができます。

引用元:SwitchBotハブミニ 商品ページ

スマートホーム化概略

対象機器

今回はリビングのメインの家電3つをスマート化しようと考えました。対象は以下の3つです。

  1. エアコン 富士通 AS-Z56D2W(赤外線未対応のため、対象外に変更)
  2. テレビ LG 55UJ6100
  3. 照明 Panasonic LSEB1001C

実際にSwitchbot Hub Miniを購入した後に色々と問題が発生しました。以下の各機器に詳細記載していますが、注意事項記載の内容です。

エアコン 富士通 AS-Z56D2W

富士通 nocria AS-Z56D2
出典:富士通HP

リビングダイニングのエアコンになります。無線式のリモコンのみであり、赤外線は使用できません

一番使用したかった機器なのですが、無線式だったので使えませんでした。今まで赤外線だと思って使ってきたのですが、違ったようです。痛恨の一撃でした。

皆さんも購入前に赤外線かどうかはチェックした方がよいです。

テレビ LG 55UJ6100

LG 55UJ6100
出典:LG HP

コストコのセールで購入したテレビです。マジックリモコンで操作できるため、あまりSwitchbotの恩恵はないという微妙なやつです。

ついでにメインはPS4のtorneのため、さらに今回のSwitchbotは操作できず、意味を成していません。

マジックリモコンはWiiのようにリモコンをテレビに向けるとカーソルが出て操作ができるのですが、レスポンスがよく、めっちゃ便利です。

特にYoutubeやAmazon Prime等の動画サービスを見るときに、方向キーで選択するのは大変なのでこのリモコンだと操作が楽でおすすめです。また音声検索や最新モデルではAlexaに対応しています。(欲しい・・・)

そのため、私はLGのテレビをおすすめしています。

LG 55V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ Alexa搭載/ドルビーアトモス対応 2019年モデル 55UM7300EJA(マジックリモコン付属)
テレビとマジックリモコンのセット チューナー:BS4K・110度CS4Kx1、地上デジタルx2 Miracast Overlay対応 USBハードディスク録画:● 裏録画/くりかえし録画:● スピーカー(個/W):フルレンジ(2個/20W)

照明 Panasonic LSEB1001C

Panasonic LSEB1001C
出典:Panasonic HP

ここは一番恩恵を受けています。電気を消すのを一括でできるようになったので、一々電気を消して回らなくて済むようになりました。

赤外線が未対応でスイッチのOn Offが必要な場所が残っているのですが、将来的に以下の機器を購入してスイッチのOn Offも自動化したいなと思っています。

20%オフのキャンペーンをやっていることがあるので、行っている時は買い時になります。(2020年4月17日時点は実施中)

SwitchBot スイッチボット スイッチ
【様々なスイッチやボタンに適用】赤外線非対応の家電や物理的なスイッチ/ボタンをスマホから操作でき、家電を買い換えずそして工事不要で手軽に自宅のスマートホーム化を実現します。たとえば照明・炊飯器・コーヒーメーカー・お風呂給湯器やシャッターボタンなどをIoTで制御可能。

準備機器

私の準備した機器はAlexa Echo Dotの第3世代とSwitchbot Hub Miniの組み合わせでしたが、他のシリーズの機器でも問題ありません。

  1. Alexa(Echo Dot 第3世代 or Echoシリーズ)
  2. Switchbot Hub Mini(またはSwitchbot Hub Plus)
Alexa Echoシリーズ
Echo Dot (エコードット)第3世代とEchoシリーズの比較


SwitchBot Hub Mini
★ ワンタッチで家電を登録 – プリセットリストがあり、「スマートラーニング」モードを通じてワンタッチでお手持ちのリモコンを追加できます。USB給電・コンパクトでどこでもお使えます。 ★ リモコンを1つにまとめる – エアコン・テレビ等赤外線リモコンを一つのハブミニにまとめてアプリから操作できます。大量のリモコンの整理に悩まずスマホ1つで一括管理ができるようになります。 ★ ハブミニでスマートな暮らしへ – ゲートウェイとして複数のSwitchBot製品と部屋中の家電をインターネットに接続してスマートホーム化を簡単に実現できます。このハブミニで日々暮らしをスマートになりましょう。 ★ 音声コントロール – Amazonアレクサ、Googleアシスタント、Siriショートカットと連携して、話しかけるだけで家電とSwitchBotシリーズデバイスを操作できます。 ★ 省エネ対策としての最適なオプション – エアコン・照明などの消し忘れがあっても、外出先からスマホでオフにできます。「行ってきます~」のシーンを作成すれば、出かける時に家電を一気に消すことができます。

Switchbot Hub Mini & Alexa Echo Dot の設定方法

Switchbot Hub Mini の設定方法

  1. SwitchBotのアプリをGoogle PlayやApp Storeにてインストールします。
  2. アプリを起動し、権限の許可の注意喚起の確認を行います。
  3. 位置情報の使用許可を行います。
Switchbot Hub Mini 権限付与
  1. 左上の「メニュー」を開きます。
  2. 「メニュー」→「ログイン」をクリックします。
  3. アカウントを持っていない場合は「登録」をクリックします。
Switchbot Hub Mini アカウント登録1
  1. メールアドレスの登録とパスワードの設定を行います。
  2. 認証コードが登録したメールアドレスに送付されるので、入力し、確認をクリックします。
  3. 認証できたので、確認をクリックします。
Switchbot Hub Mini アカウント登録2
  1. ログインが完了したら、「メニュー」→「デバイス追加」で「ハブミニ」を選択します。
  2. SwitchBot Hub Mini の上部のボタンを長押しし、表示灯が赤く点滅することを確認し、アプリで次へをクリックします。
  3. 接続が成功したら表示灯が常に点灯します。
Switchbot Hub Mini 機器追加1
  1. 機器の名称と接続するWi-FiのSSID、パスワードの設定を行います。設定後確認を押します。
  2. 接続確認を行い、問題なければ機器が登録されます。
  3. 登録された機器からさらに操作したい家電を登録します。Hub Mini A6を選択します。
Switchbot Hub Mini 機器追加2
  1. 「新しいデバイスを追加する」をクリックします。この画面のスケジュールから登録した家電のスケジュールでのOn Offなどの設定を行うことができます。
  2. 今回はライトを例で設定しますので、ライトをクリックします。
  3. 登録したい型番 or 似た型番を選択し、ライトを操作してみます。問題なければ登録します。
Switchbot Hub Mini 機器追加3

Alexa Echo Dot の設定方法

  1. Alexaのアプリでスキル「Switchbot」を検索します。スイッチボットをクリックします。
  2. 「有効にして使用する」をクリックします。
  3. 先ほど登録したSwitchBotのアカウントでログインします。
Alexa Echo Dot のSwitchBotの設定1
  1. スイッチボットが正常にリンクされたことを確認をします。
  2. 端末の検出を行い、ライト等の家電の登録を行います。これでライトを登録し、使用することが可能になります。
Alexa Echo Dot のSwitchBotの設定2

最後に

SwitchBotによって指定の時間に、またボイスコントロールで機器をつけたり、消したりすることができるようになり、ライトが特に便利に使えています。

本当はエアコンをメインで使用する予定だったのですが、無線式のリモコンであることを見逃していたので、皆さんはもし購入する場合は事前に適用可能か説明書か、ネットで型式とリモコンのタイプを検索して確かめることをおすすめします。

これからSwitchBotカーテンが2020年7月頃に日本で発売がされるようなので、カーテンの自動化にもその内チャレンジしたいと思います。

UMilCLhttps://umilcl.com
兼業ブロガー。メインは大手製造業システム企画・設計・プロジェクト管理。工場のプロセス制御が主な業務。 得意分野: プロセス制御と統計、機械学習、画像処理、システム技術 保有資格: プロジェクトマネージャー、情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、応用情報処理、第一種衛生管理者

Similar Articles

Comments

返事を書く

コメントを入力してください!
ここに名前を入力してください

Follow US

1ファンいいね
3フォロワーフォロー
89フォロワーフォロー
4,123フォロワーフォロー
0SubscribersSubscribe

Archive

Most Popular

Synology DS420j DS420+ DS920+の比較・レビュー

Synologyのエントリーモデルの4ドライブベイであるDS420jとDS420+、DS920+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。DS420はエントリークラス、DS420+、DS920+はフラッグシップモデルとなりますが、どのような違いがあるか調査しました。

OPPO Reno3 AとOPPO Reno Aを比較・レビュー

OPPOから「Reno A」の後継機種である「Reno3 A」が発売されました。OPPO Reno Aは日本で必要なFelicaや防水機能を持っており、かなりユーザーにマッチした機種であり、かなり売れておりましたが後継機種である「OPPO Reno3 A」はさらにレベルアップしているかチェックしたいと思います。

アイリスオーヤマの炊飯器のボタンの故障を直す方法

本記事ではアイリスオーヤマの炊飯器は割とボタンが反応しなくなるようなので、大体他の型式も同じように分解し、修理可能かと思いますので、修理の仕方を説明します。

Synology DS220+と他DS+シリーズ3種の比較・レビュー

SynologyのDS220+、DS420+、DS720+、DS920+の2ベイと4ベイのDS+シリーズが4機種の後継機が5月20日に発売されました。DS+シリーズ4種のスペックについて比較していますので、購入時の参考にしてみてください。

Synology DS220j DS220+の比較・レビュー

SynologyのエントリーモデルのDS220jとDS220+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。 DS220はエントリークラス、DS220+はフラッグシップモデルとなりますが、違いはどこにあるか調査しました。