Hinemosでの管理対象追加

本投稿ではHinemos Webクライアント上での管理対象の追加方法について説明を行う。

事前の作業

Hinemosを導入していない場合は以下の記事に従って導入してください。

SNMPとSNMPTRAPの設定の監視端末への導入

デバイスサーチ、ノードサーチやリソース監視に必要なため、監視したい場合は導入してください。

Hinemosへのログイン

windows上のブラウザを起動し、Hinemosマネージャに接続してみましょう。

ブラウザを起動し、Hinemos Webクライアントをインストールしたサーバにアクセスします。接続先URLは「http://設定したホストのアドレス」です 。
Hinemosマネージャにログインします。「接続[ログイン]」ダイアログが表示されますので、各項目を入力します。

Hinemosログイン画面

・ ユーザID
ログインユーザを入力します。「hinemos」と入力します。
・ パスワード
ログインユーザのパスワードを入力します。こちらも「hinemos」と入力します。
・ 接続先URL
Hinemosマネージャへ接続するURLを入力します。接続先URLは、「http://(HinemosマネージャのIPアドレスとポート番号)/HinemosWS/」と入力します。

以下のように、画面右下にHinemosログインユーザと接続先URLが表示されれば、ログイン完了です。

Hinemosスタートアップ画面

管理対象の登録

Hinemosでは、管理対象を登録するデータベースをリポジトリと呼んでおり、最初に管理対象をリポジトリに登録する必要があります。では、実際に、マネージャ自体を管理対象として登録します。

「リポジトリ」パースペクティブをメニューバーから表示

Hinemosスタートアップ画面
Hinemosメニューバー

リポジトリ[ノード]の作成

「リポジトリ[ノード]」ビューの右上のアイコンから「作成」を選択。
もしくはSNMPの設定済みの場合はデバイスサーチ、ノードサーチにてノードを登録します。

リポジトリ[ノード]の作成

 手動設定の場合は監視対象ノードの情報を入力し、「登録」ボタンを押します。ピンクの背景色で表示されている内容は必須の設定項目となります。以下のように設定してください。
もしくはSNMPの設定済みの場合はオートサーチにてノードを登録します。 次項に記載します。

・ ファシリティID
個々の管理対象ノード及びスコープを識別するため付与する文字列。システム内で一意の文字列とすること。

・ ファシリティ名
ファシリティIDと同様、管理対象ノード及びスコープに対して付与する文字列。任意に設定することができるため、運用者が見て管理対象ノードを識別しやすい文字列を設定。

・ プラットフォーム
設定時に「Linux」、「Windows」、「Network Equipment」、「Other」より管理対象のプラットフォームを選択。

・ IPアドレスのバージョン
管理対象と通信を行う際に使用するIPアドレスのバージョンを指定します。「4」、「6」の2種類から選択します。また、選択したバージョンのIPアドレスは必須の設定項目。

・ ノード名
管理対象のホスト名を入力。

リポジトリ[ノード]の作成

「リポジトリ[ノード]」ビューにて管理対象の登録確認

Hinemos管理対象の登録確認

デバイスサーチ、ノードサーチでの登録

 SNMP設定済みの場合は、デバイスサーチ、ノードサーチを利用して登録する方が簡単です。基本的にはこの方法を使います。localhostを管理対象として登録します。デバイスサーチ 、ノードサーチ は、SNMP経由で対象の情報の一部を取得し、適切な項目に設定します。

 再度「リポジトリ[ノード]」ビューの右上のアイコンから「作成」を押し、以下のようにデバイスサーチのIPアドレス欄に、localhostのIPアドレスを入力し、Searchボタンを押してください。

 複数台登録する場合はアドレス範囲をしてすれば、その範囲のノードを登録してくれます。

Hinemosデバイスサーチ、ノードサーチでの登録

 ノードサーチの場合は範囲指定でノードを登録します。登録後は1件毎に必要個所を追記・修正します。

Hinemosノードサーチでの登録

 ファシリティIDとファシリティ名を手動で以下のように設定し、「登録」ボタンを押してください。

Hinemosノードの作成・変更

スコープの作成

 Hinemosでは、管理対象に対して監視やジョブ実行など様々な操作を行えますが、管理対象一台一台に対して設定していくのは煩雑で手間がかかります。

 そこで、Hinemosでは『スコープ』という管理対象をグループ化できる仕組みを持っており、監視やジョブの対象をスコープ単位で設定することができます。「スコープ」を作成し、管理対象を割り当てます。

リポジトリ[スコープ]の作成

「リポジトリ[スコープ]」ビューの右上のアイコンから「作成」を選択。

リポジトリ[スコープ]の作成

 スコープの情報を入力し、「登録」ボタンを押します。ピンクの背景色で表示されている内容は必須の設定項目となります。以下のように設定してください。

リポジトリ[スコープ]の作成・変更

・ ファシリティID
管理対象ノードのファシリティIDと同様、個々のスコープを識別するため付与する文字列です。システム内で一意になるように付与します。
※ファシリティIDは、管理対象ノードと共通の情報として扱われます。そのため、管理対象ノードと同じファシリティIDは使用できない点は注意してください。

・ ファシリティ名
管理対象ノードのファシリティ名と同様、任意に設定することができるため、運用者が見て管理対象ノードを識別しやすい文字列を設定します。

作成したスコープへの管理対象ノード割り当て

 作成したスコープに管理対象ノードを割り当てます。「リポジトリ[スコープ]」ビューで作成したスコープをフォーカスした状態で、右上のアイコンから「割当て」を選択

Hinemosスコープへの管理対象ノード割り当て

 登録した管理対象ノード一覧が表示されるため、割当てたい管理対象ノードを選択し(複数選択可)、「割当て」ボタンを押します。

Hinemosノードの選択

スコープへの管理対象ノード割り当て確認

 登録が完了したら、「リポジトリ[スコープ]」ビューにて対象スコープに管理対象ノードが割当てられたことを確認します。

Hinemos管理対象ノードが割当ての確認

最後に

上記まででHinemosでの監視対象追加は完了となる。この後監視設定は以下の投稿にて説明する。

UMilCLhttps://umilcl.com
兼業ブロガー。メインは大手製造業システム企画・設計・プロジェクト管理。工場のプロセス制御が主な業務。 得意分野: プロセス制御と統計、機械学習、画像処理、システム技術 保有資格: プロジェクトマネージャー、情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、応用情報処理、第一種衛生管理者

Similar Articles

Comments

返事を書く

コメントを入力してください!
ここに名前を入力してください

Follow US

1ファンいいね
6フォロワーフォロー
89フォロワーフォロー
4,245フォロワーフォロー
0SubscribersSubscribe

Archive

Most Popular

Synology DS220j DS220+の比較・レビュー

SynologyのエントリーモデルのDS220jとDS220+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。 DS220はエントリークラス、DS220+はフラッグシップモデルとなりますが、違いはどこにあるか調査しました。

Synology DS220j レビュー【エントリーモデル後継機】

SynologyのエントリーモデルのDS218jの後継機が発売されたので、改善点と問題点をまとめています。 簡単にまとめると大変コスパのよいエントリーモデルのNASを踏襲した機能向上が行われており、上位機種とのスペックを要求する機能の差別化はそのままです。

Synology DS220+と他DS+シリーズ3種の比較・レビュー

SynologyのDS220+、DS420+、DS720+、DS920+の2ベイと4ベイのDS+シリーズが4機種の後継機が5月20日に発売されました。DS+シリーズ4種のスペックについて比較していますので、購入時の参考にしてみてください。

Windows10のHyper-V環境へのCentOS 8のインストール方法

この投稿では検索にてHyper-V環境へのCentOS8インストールを見に来てくれた方がいたので、CentOS7だけでなく、Windows 10上のHyper-V環境へのCentOS 8.1のインストール方法についても今回投稿します。

【2020年1月】子育て中ママが端末購入するならOPPO Reno A【購入後レビュー有】

妻のスマホ(Google Pixel 3a)が購入から5か月で子供の手により水没したので、防水性能の高い楽天モバイルより発売されているOppoのおすすめの最新機種「OPPO Reno A」の購入を検討した内容を紹介します。