【美味しいコーヒーの入れ方】コストコのエスプレッソコーヒー豆【ペーパードリップ】

本記事では実家が喫茶店の私が、コストコのスターバックスとコラボしたエスプレッソコーヒー豆と美味しいペーパードリップのエスプレッソの飲み方を紹介したいと思います。

コストコのエスプレッソコーヒー豆

コストコのスターバックスがコラボしたコーヒー豆には2種類あり、「KIRKLAND SIGNATURE スターバックスロースト ハウスブレンドコーヒー」と「KIRKLAND SIGNATURE スターバックスロースト エスプレッソブレンドコーヒー」があります。

上記の写真はエスプレッソブレンドコーヒーの方です。907gが1,500円程度であり、100gあたり160~170円程度大変コストパフォーマンスが高い製品となってます。

もう一つのコーヒー豆は以下の記事で紹介しています。また今回使用しているハンドミルについても紹介しているので参考にしてみてください。

コストコのプライベートブランドであるKIRKLAND SIGNATUREとスターバックスコーヒーのコラボ商品です。

スターバックスのエスプレッソローストのコーヒー豆はコスタリカ等一つの産地のコーヒー豆ですが、コストコとのコラボ商品はエスプレッソブレンドであり、ブレンドすることで安定した美味しさを出すことに重きを置いているのだと思います。

私はカルディ等でもイタリアンローストなどを好んで飲むので、コーヒー豆の甘み、コク、深み、苦味が強く、酸味が低いものを選ぶ傾向があります。今回も甘みと苦味、コクの強いエスプレッソブレンドにしました。

ハンドミルにコーヒー豆を入れた画像

今回はエスプレッソ風にペーパードリップするため、極細挽き~細挽きの粒径で挽きます。ハンドミルの調節用のネジを一度きっちりと締めて挽きます。

粒度[mesh]粒子径[mm]名称主な抽出法(一人当たりの分量[g])味の特徴
18~0.85~0.92粗挽きCoarse(コース)パーコレーター(10~12g)
ボイリング(10~12g)
苦みが少なく酸味がやや強い
20~0.78~0.84中粗挽き
22~0.72~0.77ネルドリップ(10~12g)
24~0.65~0.71中挽きMedium(ミディアム)ペーパードリップ(10~12g)
サイフォン(10~12g)
26~0.60~0.64
28~0.55~0.59中細挽きMedium-Fine(ミディアムファイン)一般的なバランス
30~0.50~0.54細挽きFine(ファイン)エスプレッソ(6~8g)
ウォータードリップ(10~12g)
苦みとコクが強い
32~0.46~0.49極細挽きExtra-Fine(エキストラファイン)ターキッシュ(6~8g)苦みがとても強い
34~~0.45

コーヒーを挽く際にはハンドルを回すリズムを一定に保ち、コーヒーの粒度が均一になるようにします。早すぎると熱を発してしまうため、ゆっくりと丁寧に回します。

エスプレッソ用の豆のため、深煎りで黒々とした色がよくわかるかと思います。ミルクを入れてカフェオレ(ミルク:コーヒー=50:50)やカフェラテ(ミルク:エスプレッソ=80:20)として飲むのもおすすめです。

コーヒーフィルターにコーヒー粉を入れた画像

エスプレッソのペーパードリップ方法

今回はハリオのV60円すい形ドリッパーにて、ハンドドリップします。ドリップ方法は以下のようにします。

準備

まずお湯を沸かし、コーヒーフィルターをセットします。フィルターはセット前につなぎ目を下図のように折り目をつけるとフィルターが浮かずにセットしやすいです。

コーヒーフィルターの折り目
コーヒーフィルター

コーヒー豆をペーパーフィルター用(極細挽き~細挽き)に挽きます。 その粉をドリッパーを揺すって平らに均します。

エスプレッソ ペーパードリップ方法

分量目安 :エスプレッソ用コーヒー豆は含水率が低いため、1杯60mlあたり8~10g程度であり、1杯のみの場合は最大分量で入れます。

蒸らし方

新鮮なコーヒー豆の味やコクをしっかりと出してあげるために、この蒸らし工程が重要になります。

1.コーヒーの中心からお湯を注ぎ、コーヒーの油分が先にフィルターに触れるように中心から100円玉程度の円を描くように注いでいきます。注ぐお湯の量は少量で、サーバーにポタポタと数滴落ちる程度で止めてください。

この時コーヒーの炭酸ガスが抜けて上面に泡のように膨らみます。最低でも30秒、可能なら1分間”蒸らし”のために待ちます。この”蒸らし”によって次にお湯を注ぐ際にコーヒーの旨味が抽出されます。

2.蒸らしが終わったら、コーヒーの成分を抽出します。15cm程度上部からコーヒー粉を混ぜ合わせるようにお湯を注ぎます。

3.サーバー、またはマグカップの量を確認して、60ml×人数分の十分な量が抽出されていればドリッパーを外します。炭酸ガスが抜けるのに併せてアクもコーヒーから抽出されています。

このアクが雑味を加え、コーヒーの味わいを変えます。そのためお湯の上に載っているアクがサーバーやマグカップに落ちないようにドリッパーを外してください。

4.出来立てのコーヒーの香りと味をしっかりと感じて飲んでみてください。次回飲む時にはミルの粒度を変えてみたり、ミルクを加えたりしてコーヒーの味の違いを楽しむのも面白いと思います。私もエスプレッソブレンドの豆を中挽きにしてドリップして、ブラックで飲んだりしています。

エスプレッソブレンド

今回のコーヒーは細挽きで引いたため、ペーパードリップですが、エスプレッソ風の苦みとコーヒーの旨味が出ています。

最後に

今回は手挽きコーヒーミルとコストコのエスプレッソブレンドのコーヒー豆の紹介とおすすめのコーヒーの淹れ方を説明しました。皆さんもおいしいコーヒーを飲んで気分を上げていきましょう。
以下に今回使った機器、コーヒー豆のリンクを張っておきます。参考にしてみてください。

KIRKLAND (カークランド) シグネチャー スターバックス ロースト エスプレッソコーヒー (豆) 907g
原材料:珈琲豆 商品サイズ(高さx奥行x幅):24cm×9cm×14cm
HARIO ( ハリオ ) 手挽き コーヒーミル ・ セラミック スリム MSS-1TB
サイズ:幅15×奥行7.24×高さ:22×口径7cm 本体重量:約250g 材質:フタ・本体/メタクリル樹脂、ホッパー・グリップ・ハンドルキャップ/ポリプロピレン、臼/セラミック、臼座・調節つまみ/ナイロン、シャフト・スプリング・ハンドル/ステンレス 原産国:中国 コーヒー粉:24g 2杯用
HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー 02 クリア コーヒードリップ 1~4杯用
サイズ:幅13.7×奥行11.6×高10.2cm、口径11.6cm 材質:本体/AS樹脂、スプーン/ポリプロピレン 原産国:日本 1~4杯用(一杯120ml) 食洗機可、熱湯可 付属品:V60計量スプーン
UMilCLhttps://umilcl.com
兼業ブロガー。メインは大手製造業システム企画・設計・プロジェクト管理。工場のプロセス制御が主な業務。 得意分野: プロセス制御と統計、機械学習、画像処理、システム技術 保有資格: プロジェクトマネージャー、情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、応用情報処理、第一種衛生管理者

Similar Articles

Comments

返事を書く

コメントを入力してください!
ここに名前を入力してください

Follow US

1ファンいいね
6フォロワーフォロー
89フォロワーフォロー
4,249フォロワーフォロー
0SubscribersSubscribe

Archive

Most Popular

Synology DS220j DS220+の比較・レビュー

SynologyのエントリーモデルのDS220jとDS220+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。 DS220はエントリークラス、DS220+はフラッグシップモデルとなりますが、違いはどこにあるか調査しました。

Synology DS220j レビュー【エントリーモデル後継機】

SynologyのエントリーモデルのDS218jの後継機が発売されたので、改善点と問題点をまとめています。 簡単にまとめると大変コスパのよいエントリーモデルのNASを踏襲した機能向上が行われており、上位機種とのスペックを要求する機能の差別化はそのままです。

Synology DS220+と他DS+シリーズ3種の比較・レビュー

SynologyのDS220+、DS420+、DS720+、DS920+の2ベイと4ベイのDS+シリーズが4機種の後継機が5月20日に発売されました。DS+シリーズ4種のスペックについて比較していますので、購入時の参考にしてみてください。

Windows10のHyper-V環境へのCentOS 8のインストール方法

この投稿では検索にてHyper-V環境へのCentOS8インストールを見に来てくれた方がいたので、CentOS7だけでなく、Windows 10上のHyper-V環境へのCentOS 8.1のインストール方法についても今回投稿します。

【2020年1月】子育て中ママが端末購入するならOPPO Reno A【購入後レビュー有】

妻のスマホ(Google Pixel 3a)が購入から5か月で子供の手により水没したので、防水性能の高い楽天モバイルより発売されているOppoのおすすめの最新機種「OPPO Reno A」の購入を検討した内容を紹介します。