CentOS7でのネットワーク設定方法

設定方法の記憶メモとして記載してます。/etc/sysconfig/network-scripts内のconfigの編集は非推奨のため、nmcliでの設定方法としています。

1.IPアドレスの確認

%MINIFYHTML54d0b6eb6fd4575e7b47728f4829f63f132%
[umilcl@localhost ~]$ ip a 1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000 link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00 inet 127.0.0.1/8 scope host lo valid_lft forever preferred_lft forever inet6 ::1/128 scope host valid_lft forever preferred_lft forever 2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000 link/ether 00:00:00:00:00:00 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff inet 192.168.1.200/24 brd 192.168.1.255 scope global noprefixroute eth0 valid_lft forever preferred_lft forever inet6 fe80::196b:18c1:73e5:33fd/64 scope link noprefixroute valid_lft forever preferred_lft forever

2.nmcliとは

 Red Hat Enterprise Linuxおよび派生のCentOSでは、「NetworkManager」という管理ツールが用意されています。「NetworkManager」はネットワークデバイスの検出と関連システムの設定支援を行います。

 nmcliは、NetworkManagerの機能にCLI(Command Line Interface)からアクセスできます。ifconfigなど、他のコマンドを利用するか、/etc/sysconfig/network-scriptsディレクトリ以下にあるスクリプトを直接編集していたネットワーク関連の設定を、一元的に処理することが可能です。ただしnmcliからのCLIでの設定を推奨しています。

 基本的な用法は、以下に記載するコマンド名、操作対象を意味するオブジェクト、設定項目、オプションの順となります。有効なネットワークデバイスの一覧やIPアドレスなど設定情報を確認するだけでなく、ホスト名やIPアドレスの設定変更、回線のOn/Offなど、NetworkManagerで行う作業のほぼ全てがCLIから実行できます。

※NetworkManagerおよびnmcliと同等の管理作業を行うためのCUIとして「nmtui」も用意されている。対話型のツールであり、カーソルキーで項目を選びReturnキーで確定という方法で設定作業を行うことができる。

2-1.nmcliコマンド書式

オブジェクト一覧

オブジェクト設定項目意味
generalstatusNetworkManagerの設定項目を全て表示する
hostnameホスト名を表示/設定する
permissionsNetworkManagerの各種スイッチを表示する
loggingログを表示/取得範囲を設定する
networkingon(off)指定した回線を有効化(無効化)する
connectivity接続ステータスを表示する
radioallradioオブジェクトの全スイッチの状況を表示する
wifiNetworkManagerが管理する無線LANの項目を表示/設定する
wwanモバイルブロードバンド回線をオン/オフする
wimaxWiMAX回線をオン/オフする
connectionshow接続状況を表示する
up(down)指定した回線を有効化(無効化)する
add新しいネットワークデバイスを追加する
edit既存のネットワークデバイスを編集する(インタラクティブ)
modify既存のネットワークデバイスを編集する
delete既存のネットワークデバイスを削除する
reload全ての接続をディスクから読み直す
loadファイルから接続設定を読み取る
devicestatusネットワークデバイスの状態を表示する
showネットワークデバイスの詳細情報を表示する
connectネットワークデバイスを接続する
disconnectネットワークデバイスの接続を解除する
wifi有効なWi-Fiアクセスポイントを一覧する
wimaxWiMAXの接続事業者を一覧する

オプション一覧

オプション内容
-t簡潔な形式で出力する
-p読みやすい形式で出力する
-m出力モードを変更する(tabular=タブ分割、multiline=行分割)
-f出力フィールドを指定する
-eコラムセパレーターをエスケープする
-nNetworkManagerおよびnmcliのバージョンチェックを行わない
-aパラメーターが足りない場合問い合わせる
-w動作完了までのタイムアウトを設定する

3.Nic自動起動設定

上記のip aコマンドで表示されたIP設定モジュールに対して設定します。またオブジェクトはconnectionをconのように省略表記可能です。他に同じ省略が可能な物がなければcでconnectionの意味を持たせることが可能です。

# eth0設定確認 [umilcl@localhost ~]$ nmcli con show eth0 | grep autoconnect #NICの開始 [umilcl@localhost ~]$ nmcli dev connect eth0 #NICの自動起動の有効化 [umilcl@localhost ~]$ nmcli con mod eth0 connection.autoconnect yes

4.IPアドレス設定

上記のip aコマンドで表示されたIP設定モジュールに対してIPアドレスを設定します。

nmcli c mod <ip設定モジュール> ipv4.method manual ipv4.addresses <設定アドレス>/<サブネット> ipv4.gateway <ゲートウェイ> nmcli c mod eth0 ipv4.method manual ipv4.addresses 192.168.1.100 ipv4.gateway 192.168.1.1 ipv4.dns 192.168.1.253 ipv4.dns-search hogehoge.com systemctl restart NetworkManager systemctl restart network

最後に

 nmcliでの設定方法を記載しました。今までconfig直書きだったので少し抵抗がありますが、システム的にはこちらの方法でやった方がいいです。

 Hyper-V環境へのCentOS7の導入についても紹介しておりますので、参考にリンクを記載しておきます。

UMilCLhttps://umilcl.com
兼業ブロガー。メインは大手製造業システム企画・設計・プロジェクト管理。工場のプロセス制御が主な業務。 得意分野: プロセス制御と統計、機械学習、画像処理、システム技術 保有資格: プロジェクトマネージャー、情報処理安全確保支援士、ネットワークスペシャリスト、応用情報処理、第一種衛生管理者

Similar Articles

Comments

返事を書く

コメントを入力してください!
ここに名前を入力してください

Follow US

1ファンいいね
3フォロワーフォロー
89フォロワーフォロー
4,128フォロワーフォロー
0SubscribersSubscribe

Archive

Most Popular

Synology DS220+と他DS+シリーズ3種の比較・レビュー

SynologyのDS220+、DS420+、DS720+、DS920+の2ベイと4ベイのDS+シリーズが4機種の後継機が5月20日に発売されました。DS+シリーズ4種のスペックについて比較していますので、購入時の参考にしてみてください。

Synology DS420j DS420+ DS920+の比較・レビュー

Synologyのエントリーモデルの4ドライブベイであるDS420jとDS420+、DS920+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。DS420はエントリークラス、DS420+、DS920+はフラッグシップモデルとなりますが、どのような違いがあるか調査しました。

Synology DS220j DS220+の比較・レビュー

SynologyのエントリーモデルのDS220jとDS220+が発売され、2020年モデルもある程度そろってきました。 DS220はエントリークラス、DS220+はフラッグシップモデルとなりますが、違いはどこにあるか調査しました。

アイリスオーヤマの炊飯器のボタンの故障を直す方法

本記事ではアイリスオーヤマの炊飯器は割とボタンが反応しなくなるようなので、大体他の型式も同じように分解し、修理可能かと思いますので、修理の仕方を説明します。

【コロナ影響】情報処理安全確保支援士のレポート講習について

新型コロナウイルスの影響により情報処理安全確保支援士の集合研修が、今年更新の一部期間の方のみレポート講習になりました。私も2020年10月の更新対象となり、レポート講習となりましたので皆さんにどのようなものだったかを紹介したいと思います。